人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年4月28日

【サッカー】柏レイソルU-18、田中隼人は“ポテンシャル”のその先を見据える (NEXT TEENS FILE.)

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line
柏レイソルU-18、田中隼人

柏レイソルU-18、田中隼人

188センチ。レフティ。高くて、上手い。いわゆる“ポテンシャル”の塊のようなスペックを有しているが、もちろんそれだけでやっていくつもりは毛頭ない。「プレミア優勝を第一の目標としていますし、トップチームにも昇格して、いろいろな人に注目されるような、自分の名前を知ってもらえるようなプレーをして、年代別代表やもう1個上の代表を目指していきたいと思います」。柏レイソルのアカデミーが育んだ異才。田中隼人の名前は覚えておく必要がある。

中谷進之介。中山雄太。古賀太陽。近年はディフェンダーの日本代表選手が巣立っている柏レイソルU-18。そして、今年のチームもパッと目を惹くセンターバックが、3バックの真ん中でプレーしている。田中隼人。かつては中山も古賀も背負った4番を継承し、ピッチの最後尾から全体をコントロールする。

レイソルのアカデミーと言えば、4-3-3のシステムが代名詞。だが、ここ数年は20代で指揮官に就任した山中真前監督(現・大宮アルディージャトップチームコーチ)の元、システム変更も含めた柔軟な戦い方も採り入れてきた中で、今年から就任した酒井直樹監督は、一気に3-1-4-2という新システムに舵を切った。

「監督が変わって、システムからポジションからいろんな選手が変わっていますけど、正直やりがいがあるというか、さらに新しい攻撃的なスタイルにチャレンジすることで、戦術だったり攻撃の仕方、守備の仕方が自分の中で広がったし、みんなのこれからにも繋がるので、3バックをやることは、いろいろな意味で大きいかなと思います」。そう語る田中も新たな挑戦へポジティブに取り組んでいたことが、思わぬ所で生きるのだから、人生はわからない。

J SPORTS 放送情報

4月21日。YBCルヴァンカップグループステージ第3節。ホームに湘南ベルマーレを迎えた柏レイソルのスタメンに、見慣れない47番が名前を連ねる。2種登録の17歳。センターバックの相次ぐ離脱という理由はあったにせよ、田中はU-18で取り組んでいるポジションと同じ位置、3バックの中央という大役を任され、普段はスタンドから見つめていた日立台の天然芝のピッチへ解き放たれる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ