人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年4月22日

「スーパーリーグ」は頓挫したが欧州リーグ実現は検討の余地大いにあり

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

確かに、今回の「スーパーリーグ」構想はあまりにも杜撰で、あまりにも独善的だったが、強豪クラブが集まったリーグ戦は、ハイレベルの戦いが見られるという意味で確かに魅力的ではある。

たとえば、ドイツのブンデスリーガでは昨シーズンまでバイエルン・ミュンヘンが8連覇しており、今シーズンも優勝に近づいている。イタリアのセリエAでは、今シーズンはインテルの優勝が濃厚だが、昨シーズンまでユベントスが9シーズン連続でスクデットを獲得していた。スペインでは、レアルとバルセロナがほぼタイトルを独占し、アトレティコが挑戦を続けている。

要するに、一部のメガクラブとその他の実力差が大きく、優勝が可能なクラブはごく少数に限られているというのが現状だ。

そんなリーグは、面白いのだろうか?

もちろん、そんな中で弱小クラブが戦略を巡らせて頑張り、ちょっとした幸運を引き寄せることによってビッグクラブに一泡吹かせる試合も面白いが、本当なら強いチーム同士の激しいバトルがもっと見たい。

チャンピオンズリーグで、そういう試合が実現するわけだが、あれは「リーグ」と称していても所詮はカップ戦にすぎない。強豪同士がホーム&アウェーで戦うリーグ戦は実現できないものだろうか。

イングランドでフットボールクラブ・リーグが発足したのは1888年のことだった。イタリアやスペインで全国リーグが誕生したのが1929年、フランスは1932年。そして、ドイツ(当時の西ドイツ)で初めての全国リーグが始まったのは、なんと1963年のことだった。

ブンデス発足からでも間もなく60年。他の主要国の全国リーグ発足からはまもなく1世紀が経過する。いつまでも、同じ形態を続けていていいものなのだろうか?

ヨーロッパでは、経済や政治の統合が進んでいる。1950年代に発足したEEC(欧州経済共同体)加盟国は西欧6か国だけだったが、今では、東欧諸国の多くもEU(欧州連合)に参加している。それなら、サッカー界でも「欧州リーグ」を発足させてもいいのではないか?

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ