人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年3月26日

快勝した日本代表で絶賛すべきは守備陣。次は、フルメンバーの韓国との対戦を見てみたい

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line

韓国のパウロ・ベント監督は李康仁(イ・カンイン)を偽の9番として使い、両サイドの羅相浩(ナ・サンホ)と李東俊(イ・ドンジュン)を前線に張り出させてきたが、山根と佐々木が両サイドをしっかりと抑えた。そうなれば、無理して上げてくるクロスに対して、吉田や冨安は楽に対処することができる。

こうして、全体として守備陣が余裕を持ってプレーできたおかげで、日本のDFは単に相手の攻撃を跳ね返すだけでなく、味方に良いボールを供給することができたのだ。たとえば、ヘディングでのクリアするにしても、しっかりと味方の位置を考えてクリアできたから、そのボールを受けたボランチの2人がすぐに前を向いて攻撃の組み立てに移れたのだ。

前半終了間際にはこんな場面もあった。相手の右CKだった。日本サイドから見て左からのCKだ。そのCKからのボールをGKの権田修一はパンチングで右サイドにいる伊東純也に直接つなげたのだ。ドリブルに移ったが、韓国DFに止められた伊東は悔しそうな大声を発した。「守備から攻撃につなげよう」という意識が非常に高かったからである。

だからこそ、前線でボールを回収した時はもちろん、自陣深くでボールを奪った場面であっても、カウンターが実に効果的だったのだ。

この日本の守備陣の出来を見ていると、孫興民(ソン・フンミン)や黄喜燦(ファン・ヒチャン)のいる韓国と対戦してどこまで抑えられたのか、ぜひ見てみたくなった。

次はアウェーのソウルで、フルメンバーの韓国と対戦してみてはどうだろうか?

文:後藤健生

後藤 健生

後藤 健生

1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ