人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年2月5日

鉄壁CBで9戦全勝!シティは1月をパーフェクトに終えた

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ジョン・ストーンズ(左)とルベン・ディアス(右)

ジョン・ストーンズ(左)とルベン・ディアス(右)

1月は9勝全勝だった──。

一か月に9試合というスケジュールにも驚くが、マンチェスター・シティは1月をパーフェクトな形で終えた。データサイト『Opta』によると、月間9勝はイングランドにフットボールリーグが創設された1899年以降、最多勝利ということだ。

では、9勝の内訳をチェックしてみよう。

3-1 チェルシー
2-0 マンチェスター・ユナイテッド
3-0 バーミンガム
1-0 ブライトン
4-0 クリスタルパレス
2-0 アストンヴィラ
3-1 チェルトナム
5-0 ウェストブロム
1-0 シェフィールド・ユナイテッド

クリーンシートが7試合もある。プレミアリーグの失点は、チェルシー戦だけだ。アンカーこそ固定されていないものの、センターバックはルベン・ディアスとジョン・ストーンズが鉄壁だ。今シーズン、彼らが揃って先発した際は12戦(プレミアリーグ11試合、チャンピオンズリーグ1試合)11勝1分無敗。失点1、クリーンシート11回。驚異的といってもお釣りがくるほどの安定感である。

「個人的な問題で長く苦しんだが、人は過ちから学び、努力する。ジョンの復活は非常に嬉しい」

ジョゼップ・グアルディオラ監督も、ストーンズの好調を喜んでいる。

「天性のリーダーなのだろう。ここにやって来て半年も過ぎていないにもかかわらず、堂々としている」

指揮官は、R・ディアスも絶賛した。

ストーンズとR・ディアスの活躍で、エメリック・ラポルトの尻に火がついた。昨シーズンまではDF陣の軸だったものの、今シーズンはハムストリングの負傷も災いし、プレミアリーグはわずか7試合の出場に留まっている。

やはり、チーム内の生存競争は絶対に必要だ。

いま、シティでポジションが約束されているのは、エデルソン、ケヴィン・デブライネ、ラヒム・スターリングだけだろう。故障が度重なるセルヒオ・アグエロはグアルディオラの信頼を完全には得られず、ベルナウド・シウバも今シーズンのパフォーマンスには不満が残る。バンジャマン・メンディ、イルカイ・ギュンドアンなどはいうに及ばす、だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ