人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年12月4日

ビエルサ率いるリーズは要注意。チェルシーよ、心してかかれ

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ビエルサ

リーズのビエルサ監督

今週末、プレミアリーグの注目カードはノースロンドン・ダービーである。したがって……といいたいところだが、筆者は生まれついてのへそ曲がりだ。チェルシー対リーズも興味津々のカードである。

リーズはとにかくよく動く。試合開始から後半の追加タイムまで、走りっぱなしだ。当然、パスコースは増える。相手DFラインが乱れる。チャンス到来。シュートに正確性を欠き、総得点はリーグ10位の15に留まっているものの、そのアタッキング・フットボールはエンターテインメント性が実に豊かだ。

アウェーではあるが、入れ代わり立ち代わりチェルシー陣内に進入し、揺さぶってくるに違いない。古巣との対戦に意気込むパトリック・バンフォードがプレスの先兵として奔走し、二列目も連動してチェルシーDF陣に襲いかかる。MFカルヴィン・フィリップスが操る長短・緩急自在のパスも、何度となくチャンスを創出するだろう。

対するチェルシーは守りが安定してきた。エトゥアール・メンディが先発GKに起用された6節のマンチェスター・ユナイテッド戦から、5試合で1失点。4回のクリーンシートも記録している。レンヌからやって来た新GKは、公式戦12試合のうち9試合で無失点だ。プレミアリーグ5節までは11失点。ケパ・アリサバラガとの定位置争いは、早くも決着したといって差し支えない。

また、チアゴ・シウヴァが周囲の予想よりも早くプレミアリーグのプレー強度にフィットしたため、最終ラインも崩れなくなってきた。右からリース・ジェイムズ、クルト・ズーマ、T・シウヴァ、ベン・チルウェルに固定された4バックが、リーズ戦でも先発に名を連ねる公算が非常に大きい。

さらに、チェルシーの巨大戦力は大胆なローテーションが可能だ。チャンピオンズリーグのセビージャ戦(アウェー)に出場し、4ゴールを挙げたオリヴィエ・ジルーをベンチに温存しても、67分で退いたカイ・ハヴァーツ、クリスティアン・プリシッチをスターターで起用できる。セビージャ戦で出場機会のなかったタイミー・エイブラハムはなおさらだ。リーズ戦までの試合間隔は中二日だが、体力的な負担はある程度、軽減できるはずだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ