人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年9月2日

7億ユーロあればプレミアリーグのクラブがふたつは買える

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
メッシの移籍話一色

各社一面に取り上げられたメッシの移籍話

この一週間、リオネル・メッシとマンチェスター・シティをめぐる情報が乱れ飛んだ──。

シティが3年契約を提示した
メッシの実父がマンチェスターで目撃された
セルヒオ・アグエロが背番号10の譲渡を提案した
シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がメッシとコンタクトを図った

予想もしなかった事態に、スペインとイングランドの……いやいや、世界中のメディアが大騒ぎだ。メッシの故郷アルゼンチンでは、一般紙『Ole』が「メッシはどこでプレーすべきか」というアンケートを敢行。総数22万票のうち、シティは50%もの得票で堂々の1位になっている。

しかし、シティはメッシを欲しているのだろうか。昨シーズンのパフォーマンスを踏まえると、(1)一線級のセンターバック (2)壊れない左サイドバック (3)信頼に足るバックアップCB (4)主力クラスのウイング。以上4か所の補強が急務である。

ボーンマスからやって来たナタン・アケはフィード能力に優れ、エメリク・ラポルトのバックアッパーとして貢献するに違いない。バレンシアから獲得したフェラン・トーレスはスピード豊かなウイングだ。残された補強ポイントは、レギュラーを張れるCBと左サイドバックに絞られた。前線ではない。

メッシが当代屈指のプレーヤーで、不世出のタレントであることは認めるものの、シティの補強ポイントには合致しない。また、33歳という年齢も、グアルディオラ監督が求めるハイプレスにシーズンを通して耐えうるのか、との疑問が生じてくる。

さらに、この1~2シーズンのバルセロナでは周囲がメッシに気を遣いすぎて、シュートすべき場面で躊躇したり、スピードダウンしたり……。ボール保持している際はできるだけ速く、直線的に相手ゴールに向かう、というトレンドから遠くかけ離れてしまった。

なおかつシティ着任後、中堅と若手の獲得に大金を注いできたグアルディオラ監督が、キャリアの晩年に入ったメッシに手を出すとは考えにくい。1億5000万ユーロ(約187億5000万円)とされる移籍金に加え、ベルナルド・シウヴァ、ガブリエル・ジェズス、エリック・ガルシア、アンヘリーニョを差し出すという噂も、ヘソで茶を沸かす。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ