人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年9月2日

~大宮アルディージャU18~柴山昌也が目指すのは“サッカー界で一番”の存在

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

大宮アルディージャU18:柴山昌也

その左足を華麗に振るう姿は、間違いなくあの選手を想起させる。本人もその自覚は十分すぎるほどに持ち合わせているようだ。「サッカーを始めた時から好きな選手はメッシなので、ずっと憧れている所はありますし、同世代だけじゃなくて、これからサッカー界で一番を目指したい気持ちはあります」。秘めたる野望も頼もしい柴山昌也の2020年が、ようやく幕を開ける。

プレミアリーグでの活躍が期待されていた昨年は、ケガに悩まされる時期が長かった。「もともと自分はサッカー自体を楽しむことを目標にやっているので、ケガをしてサッカーできないことほど苦しい想いはなかったですね」。楽しそうにボールを蹴るチームメイトを横目に、もどかしい気持ちを隠せなかった。

J SPORTS 放送情報

だが、その苦しい時期を無為にするような男ではない。課題だったアジリティ強化のため、下半身の筋トレへ重点的に取り組むと、復帰後は明らかにドリブルのスピードが上がったことを実感したという。「以前は自分の明確な武器が正直分からなかったんですけど、ケガから復帰してみて、左足のドリブルだったり、決定機を演出できる所が自分の武器なのかなって」。

もちろん左足のドリブルも、決定機の演出も大きな武器だったが、本人に言わせれば「確かに周りからそう言われたりすることはあったんですけど、自分の中では『そんなに大したことはないだろう』と思っていたので(笑)」とのこと。あっけらかんと言い切るあたりに、大物感も滲み出る。

将来のビジョンも明確だ。「まず今年はプロに昇格して、23歳までにJ1で活躍したいですし、その後はスペインで活躍したいと考えていて、今もスペイン語の語学勉強をやっています。最後はバルセロナに行くのが小さい頃からの夢なので」。サッカーを始めた頃から好きだったあの選手が纏っている、赤と青のユニフォームの10番。イメージは既に十分。そこへ到達するために必要なことは、自分が一番よくわかっている。

J SPORTS オンデマンド番組情報

群馬から通っていたジュニアユース時代を含めれば、6年目の集大成。アルディージャ愛が口を衝く。「中学生から今までずっとアルディージャにお世話になっていて、このチームだからこそ、ここまで来られたと感じていますし、本当に『結果で恩返ししたい』とずっと思っていたので、今年はプレミア優勝という形でチームに貢献したいです」。

大宮アルディージャU18。10番。柴山昌也。オレンジのメッシに是非ご注目あれ。

文 土屋雅史(J SPORTS)

土屋 雅史

土屋 雅史

Jリーグ中継担当プロディーサーを経て、デイリーサッカーニュース Foot!を担当。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ