人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年6月17日

難敵シティをアウェーで破ればアーセナルは勢いづく

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
マンチェスター・C vs アーセナル

ファイナンシャル・フェアプレーでクラブ自体が大きく揺れた。カイル・ウォーカーは二度にわたってプライベートの愚を犯し、リヤド・マフレズは泥棒の被害に遭った。およそ3か月の中断期間に、マンチェスター・シティは少なくないダメージに見舞われている。

ただ、2月のレアル・マドリー戦(チャンピオンズリーグ・ラウンド16第1戦)でハムストリングを負傷。戦線を離脱していたエメリク・ラポルトが復帰する。トップチームのフルトレーニングも笑顔でこなした。バイエルン・ミュンヘンへの移籍が取りざたされているレロイ・ザネも、コンディションが上向いているという。

本稿執筆時点で、シティの主力に負傷者はいない。最強の布陣で現地時間17日に行われるアーセナル戦(ホーム)に臨めるだろう。

J SPORTS 放送情報

主力の契約延長交渉が軒並み不振に終わっている。ミケル・アルテタ監督が新型コロナウイルスに感染した。トレーニングマッチとはいえ、チャンピオンシップ(実質2部)のプレントフォードに2-3の敗北を喫している。アーセナルも、中断期間は暗いニュースが相次いだ。

また、ルーカス・トレイラとセドリク・ソアレス、カラム・チェンバーズは負傷が完治せず、シティ戦のスカッドには含まれそうにない。さらに、グラニト・ジャカはブレントフォード戦の出場を見送り、6-0の大勝を収めたチャールトン(2部)戦も後半から出場しただけだ。他の主力に比べるとプレー機会が少ないため、コンディションに問題を抱えているのでは、という情報も飛び交いはじめている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ