人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年11月22日

いまのところVARはみんなの味方になっていない

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
FIFA U-17 ワールドカップ 2019 ブラジル代表

ビデオ判定は難しい。

どちらが先に土俵を割ったのか、髷を引っ張ったのではないか、大相撲でもビデオ画像を参考にする。しかし、攻めている方の勢いとか、いちばん近くで見ているのは行司だからとか、微妙な一番でも審判が物言いをつけないケースがやたらと多い。なんのために映像をチェックする係がいるんだ。しかも、東西どちらに軍配が上がったのか分からなかったり、力士の四股名を間違えたりする審判もいる。

プロ野球のビデオ判定は、セーフかアウトか、ホームランかファウルか、相撲に比べると分かりやすい。球場のスクリーンに問題となっているシーンが映し出されるので、観衆もストレスがない。

J SPORTS放送情報

さて、フットボールの世界はVARで大混乱している。ユベントスのクリスチャーノ・ロナウドはサポーターに向かい、「ひょっとするとノーゴールかもしれないから、喜ぶのはちょっと待とうぜ」といった仕草まで見せた。1986年メキシコ・ワールドカップの得点王で、イングランドのレジェンド、ギャリー・リネカーも懐疑的だ。「ジャッジを下すまで時間がかかりすぎて、試合の流れを遮断する」

FIFA U-17ワールドカップ決勝でも気になるシーンがあった。メキシコに1点の先行を許したブラジルは、84分にPKのチャンスを与えられた。そう、まさしくプレゼントされたように見えた。メキシコDFアレハンドロ・ゴメスの右足は、明らかにボールを狙っていた。邪心はどこにも感じられない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ