人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年11月13日

スターリングは絶対確保。そしてシティは現有勢力で闘い抜く

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ラヒーム・スターリング

担当者の類稀なるイマジネーションか、あるいはエージェントの入れ知恵か。イギリスの衛星放送『sky sports』によると、レアル・マドリーは来年1月の市場でマンチェスター・シティのラヒム・スターリングを獲得すべく、100億円近い移籍金とギャレス・ベイルの譲渡を考えているという。

最盛期が過ぎたベイルはシティのプランに合致しない。絶え間ないトラジションは肉体に多大な犠牲を強いる。ジョゼップ・グアルディオラ監督が満身創痍のアタッカーを欲しているはずもなく、『sky sports』の報道は単なる賑やかしである公算が大きい。

「ベイルは依然として世界のトップクラスだ」

J SPORTS放送情報

エージェントを務めるジョナサン・バーネットは顧客の売り込みに努力を惜しまないが、ベイルはケガで戦列を離れるケースが多いため、マドリディスタにはよく思われていない。それでいて高年俸を維持したがる。リスク特大。シティだけではなく、強豪といわれるクラブはベイルの獲得に動かないだろう。たとえ100億円以上を提示されても、だ。

だいたいシティがスターリングを手放すはずがない。グアルディオラ監督も「絶対確保」と明言した。長年の課題だった継続性に磨きがかかり、今シーズンもすでに7得点。超ハイレベルなシティFW陣にあって、開幕からただひとり11戦連続の先発出場である。100億円以上を積まれても、ベイルとの交換では大損だ。したがってスターリング放出は、〈300%〉ない。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ