人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年10月25日

FIFA U-17 ワールドカップ開幕直前! 中村航輔が正GKとして8強入りした11年大会を振り返る!!

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

―試合の展開などにおいて、今と当時だとどういう部分が違うと思いますか?
「当時はお互い何も知らない同士の戦いでした。今はこれだけ戦術が出てきて、相手のシステムが変われば、センターバックが何枚とか、ビルドアップがどうとか見るじゃないですか。ゴールキーパーでも『ここに来たらこういう止め方をする』『こうなったらゴール前まで下がる』とか、そういう部分がある程度確立している中でやるので、昔とはだいぶ違うと思います」

―大会の舞台はメキシコでした。外に出るということはあまり多くはなかったかもしれませんが、ピッチ外で覚えていることはありますか?
「銃を持っている人がいて、“装甲車”みたいな車の先導で移動していたと思うんですけどね。確か近くの街で事件があったとか。そういうのでちょっとビビっていたのは覚えています。子供から見たら完全に“装甲車”でした。この年代なので銃を見るのも初めてでしたし、それこそ怖かったと思いますよ」

―メンバーには先ほどの岩波選手、植田選手のほか、中島翔哉選手(ポルト/ポルトガル)、南野拓実選手(ザルツブルク/オーストリア)などがいました。2011年大会のメンバーは中村選手にとってどういう存在ですか?
「やっぱり“身内”って感じはしますね。彼らが頑張っていると嬉しいですし、ケガのニュースが出ると『そうか……』と。普段はそこまで連絡を取っていなくて、LINEのグループがあるわけでもないですけど、信頼できる仲間です。当時の21人は今でも頭の中に入っていて、何人かはA代表にも入りましたし、優秀な世代かなとは思っています」

―今回のブラジルでの大会に臨む日本代表の選手たちにメッセージをお願いします
「とにかく『凄く良い経験ができるんだよ』とは伝えたいです。がんばってほしいですね」

取材・文 土屋雅史(J SPORTS)

土屋 雅史

土屋 雅史

Jリーグ中継担当プロディーサーを経て、デイリーサッカーニュース Foot!を担当。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ