人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年9月25日

アウェーに脆いトッテナム。10月下旬からの3連戦は要注意だ

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
トッテナム

どうにもこうにももどかしい。トッテナムがつまずいた。

開幕戦でアストンヴィラに3-1の快勝。続くマンチェスター・シティ戦は、多少の運も手伝って2-2の引分けに持ち込んだ。ところが、3節のニューカッスル戦に0-1で落とすと、4節のアーセナル戦は2点のアドバンテージを守り切れなかった。5節、クリスタルパレスを4-0でたたきのめして息を吹き返すに思われたものの、チャンピオンズリーグ初戦はオリンピアコスに2-0から追いつかれ、プレミアリーグ6節はレスターに1-2の敗北を喫している。そしてリーグカップ3回戦でも、リーグ2(実質4部)のコルチェスターにPK戦で屈した。

昨シーズンの疲れが残っているのか、プレシーズン中のコンディション調整にミスがあったのか、チーム全体の動きが芳しくない。攻守の切り替えが鈍く、自分たちのペースを創るまでに苦労している。

また、各方面で指摘されていた右サイドバック不足は深刻だ。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、何回かダビソンソン・サンチェスを試している。スピード豊かなDFは、一対一なら問題はない。ただ、攻撃の関与が薄すぎる。ポジションが低く、ウイングをサポートに行ってもパスをもらうだけだ。その後の展開はほとんど期待できない。カイル・ウォーカー=ピーターズは経験不足で、セルジュ・オーリエは戦術理解度に疑問符が付く。キーラン・トリッピアー退団(アトレティコ・マドリーへ)のダメージは甚大だ。

攻撃も中央で渋滞している。本来のトッテナムは選手個々のアイデアで縦横無尽に散らばり、相手DF陣をかく乱する。しかし、今シーズンはだれもが足もとで欲しがり、中に中に入っていく。不振に陥る典型的なパターンだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ