人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年8月9日

エリクセンの気持ちはノースロンドンから離れているが…

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
エリクセン

プレミアリーグの移籍市場は、現地時間8日17時に終了した。マンチェスター・ユナイテッドと交渉していたパウロ・ディバラは、結局ユベントスに留まった。肖像権、エージェントが要求した手数料ともに高額すぎたようだ。バルセロナで苦しむコウチーニョもイングランド復帰は叶わなかった。昨シーズン、補強しなかったトッテナムがフラムからライアン・セセニョン、ベティスからジオバニ・ロチェルソを獲得するなど積極的に動き、アーセナルもディレクターにエドゥが就任した途端にいくつかの交渉がスピードアップしたが、市場全体は比較的静かだった。

しかし、他国の市場は開いている。スペイン、イタリア、ドイツ、フランスは、いずれも9月2日まで新戦力の獲得が可能だ。したがってプレミアリーグ内の移籍はなくなっても、国外に流出するリスクはまだ残されているということだ。しかも、ある選手が「新しいチャレンジ」を示唆していた場合、慰留しても時間の無駄。現状に満足していないのだから、不満分子になりかねない。

なかでもポール・ポグバである。ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が「中心選手」と評価しているとはいえ、昨シーズン終了と同時に退団を希望したことは周知の事実である。エージェントのミーノ・ライオラを通じてレアル・マドリー、あるいは古巣ユベントスに秋波を送り、ユナイテッド・サポーターの心証を害した。ポグバの心はスペイン、イタリアに飛んでいる。200億円といもいわれる市場価値が下がらない間に換金すべきだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ