人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年8月9日

エリクセンの気持ちはノースロンドンから離れているが…

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

トッテナムではダニー・ローズが放出されるに違いない。左サイドバックではベン・デービス、セセニョンに次ぐ三番手となり、プライドが傷ついた。待遇面に関する不平・不満が多すぎるため、ダニエル・リーヴィ会長とマウリシオ・ポチェッティーノ監督も快くは思っていない。慰留する必要がなくなった。

さて、クリスティアン・エリクセンはどのように扱うべきだろうか。彼もまた移籍を示唆している。ただ、フットボールに取りくむ真摯な姿勢は上層部、コーチングスタッフ、メディア、サポーターにリスペクトされているため、ポグバやローズのような不満分子にはならないだろう。しかし、エリクセンの心がトッテナムから離れたことだけは間違いない。翻意したとして、モチベーションを刺激できるだろうか。

ロチェルソの獲得はエリクセンの退団に備えた人選であるといはいえ、両者を比較するのはナンセンスだ。あらゆる意味でエリクセンが上まわる。できるものなら残しておきたい。ただ、繰り返しになるが彼の気持ちはノースロンドンにない。リーヴィ会長が「国外に移籍するのならやむをえない」と判断した、との情報も伝わってきた。エリクセンの退団は避けられないだろう。トッテナムのダメージは、決して小さくない。

文:粕谷秀樹

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ