人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年2月27日

主力が相次いで戦線離脱。ヤングブラッズにチャンス到来か!?

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

えらいこっちゃ、である。

アンデル・エレーラ、ジェシー・リンガード、ファン・マタはハムストリングを痛めている。マーカス・ラシュフォードは足首に違和感を訴え、ネマニャ・マティッチは筋肉系のトラブルだ。さらにマッテオ・ダルミアンとアントニオ・バレンシアも、復帰のめどが立っていない。オーレ・グンナー・スールシャール監督就任以来、公式戦11勝2分1敗と快調に飛ばしてきたマンチェスター・ユナイテッドに、負傷者が続出している。

上記7選手は2月27日に行われるクリスタルパレス戦、3月2日開催予定のサウサンプトン戦も欠場する予定だ。本来であればローテーションし、各選手の疲労回復に充てたいところだったが、2試合とも先週末のリヴァプール戦で最後までピッチに立っていたメンバーを起用せざるをえない。33歳のアシュリー・ヤングに代わってディオゴ・ダロトが、リヴァプール戦でベンチ入りに留まったエリック・バイリー、完全休養だったフィル・ジョーンズも起用される確率は高いものの、チーム全体がリフレッシュできるような余裕はない。

スールシャール体制発足後、見違えるようなアタッキング・フットボールを見せてきたユナイテッドだが、選手層の薄さはだれの目にも明らかだった。とくに中盤はエレーラ、マティッチ、ポール・ポグバの3人が鉄板で、彼らに代わる人材は見当たらない。アンドレアス・ペレイラとスコット・マクトミネイはまだ非力。リヴァプール戦でもベンチの期待には応えられなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧