人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年7月27日

そして誰もいなくなった…まさか、誰も来なかったりして…

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line

中盤は問題ないだろう。ネマニャ・マティッチ、スコット・マクトミネイ、アンデル・エレーラの仕上がりはすこぶるいい。ワールドカップに参戦したポール・ポグバ、マルワヌ・フェライニ、フレッジの不在も、それほど気にはならない。逸材アンドレアス・ペレイラも遠慮せず、ポジション奪取を目指すべきだ。 また、前線はアレクシス・サンチェスが復調し、ファン・マタはプレシーズンマッチでも及第点以上の働きだ。アントニー・マルシャルもロメル・ルカク不在の3~4週間を埋めれば、モウリーニョ監督の考え方も変わってくるに違いない。

ただ、強化は遅々として進んでいない。相思相愛のはずだったトビー・アルデルヴァイレルトは移籍金で足もとをみられ、トッテナムとの交渉は頓挫する確率が高くなってきた。モウリーニョ監督お気に入りのアンテ・レビッチも、動く気配はいまのところない。彼が所属するフランクフルトのフレディ・ボビッチ(フットボール・ダイレクター)も、「レビッチに公式なオファーは一件も届いていない」と語っていた。

ワールドカップの影響で、7人の主力が開幕に間に合わない。これは想定内だ。誰もいなくなる覚悟はできていた。しかし、補強の遅れは想定外だ。市場の動きをチェックしていても、ユナイテッドの強化担当エド・ウッドワードの名前はほぼ見かけないし、聞こえてもこない。一部では夏季休暇中との指摘もあるが、リヴァプールとアーセナルの担当者は休日返上で強化に励んでいる。考えてみれば昨シーズンも、ルカクを口説き落としたのは〈エージェントP〉ことポグバだった。

プレミアリーグ内の移籍市場が閉まるまであと二週間。まさか、誰も来なかったりして……。

粕谷 秀樹

ワールドサッカーダイジェスト初代編集長。 ヨーロッパ、特にイングランド・フットボールに精通し、WWEもこよなく愛するスポーツジャーナリスト。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ