人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2018年6月8日

シャキリ・リヒトシュタイナーの右サイドをどう封じる?強豪・スイス戦で4バックの守備を再構築したい日本

元川悦子コラム by 元川 悦子
  • Line

2018年ロシアワールドカップ開幕まであと6日。本大会参加32カ国の準備は最終段階に入っている。オーストリア・ゼーフェルトで合宿中の日本代表も7日にスイス・ルガーノへ移動。8日夜(日本時間9日未明)には残された直前テストマッチ2試合の1つであるスイス戦に挑む。 先月30日に日産スタジアムで戦ったガーナ、12日にインスブルックで激突するパラグアイは今回のワールドカップには出場しないため、ロシアに赴くスイスとのゲームは極めて重要度の高い一戦となる。

スイスは欧州予選でポルトガルと同組。勝ち点も27で並んだが、惜しくもグループ2位となり、プレーオフに進出。北アイルランドに2戦合計1-0で勝利し、3大会連続出場権を獲得している。過去のワールドカップ戦績は自国開催だった54年大会のベスト8が最高だが、2006年と2014年大会でベスト16進出と力をつけている。手強い相手なのは間違いない。直近の6月3日のスペイン戦も1-1で引き分けているが、失点したのは昨年10月の欧州予選・ポルトガル戦以来7試合ぶり。それだけ守備が堅いということだ。決定力不足が深刻な日本にしてみれば、いかにして相手ゴールをこじ開けるかという難題に直面することになる。

その前段階として、強固な守備組織を構築することが重要テーマ。当たり前のことではあるが、ワールドカップは失点ゼロで乗り切れば勝ち点1という最低限の結果が手に入る。海外組を含めたフルメンバーでは昨年8月の最終予選・オーストラリア戦(埼玉)から無失点ゲームができていない日本にしてみれば、まずそこから始めることが肝要だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧