しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/12

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2021年12月13日

「カヴ強盗被害に遭う」ほか CCRウィークリーニュース12/13

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

この1週間に伝わったニュースの中から栗村が選んだ話題を一言コメント付きでご紹介する「しゅ〜くり〜む ら(CCR)ウィークリーニュース」をお届けいたします!


DSMと揉めていた?べノートがユンボへ移籍
DSMのティシュ・べノートが両者合意のもと契約を1年残してユンボへの移籍を発表しました。

→CCRコメント
「2015年のデビューイヤーにいきなりロンドで5位に入った文武両道ライダーのベノートもすでに27歳。クラシックだけでなく総合も狙える選手ですが、ここ数年は期待に応えられない走りが続いていました。ゴタゴタ続きのDSMとの契約を1年残してユンボへの移籍を決め、ログリッチ親衛隊として新たな役割に専念する感じになります」


カヴェンディッシュが強盗被害に遭う
6日間レースで落車負傷し病院での治療後に自宅へ戻ったマーク・カヴェンディッシュが、ナイフを持った4人組の強盗に襲われ、高価な時計などを奪われるという事件に巻き込まれました。幸いカヴェンディッシュや家族に怪我などはなかったとのことです。

→CCRコメント
「クイックステップとの契約延長がうまくまとまりようやくホッと一安心かと思われたカヴさんが恐ろしい事件に巻き込まれてしまいました。怪我はないとのことですが精神的なダメージが心配されます。特に遠征が多い自転車選手にとっては、自分が留守中に家族の心配事などがあるとパフォーマンスに影響する可能性があります」


ニバリがロードレース界のレベルアップに言及
すべてのグランツールを制した男ヴィンツェンツォ・ニバリが過去2シーズンでロードレース界のレベルは信じられないほど上がったと言及しました。

→CCRコメント
「多くのベテランライダーが"最近のレースめちゃくちゃ速いぞ!"と証言していますが、とうとうニバリさんまでものがこの傾向に言及しています。若い選手たちが効果的なトレーニング方法にアクセスできる様になったことがその要因と言われていますが実際のところはどうなのでしょうか」


クベカがワールドツアーライセンスを失う
新たなメインスポンサーが見つからずにワールドツアーライセンスを更新できていなかったクベカに対してUCIがワールドツアーライセンスの継続を拒否しました。

→CCRコメント
「先週もお伝えしたクベカ問題ですが、残念ながら2022年のワールドツアーライセンスを正式に失うことになってしまいました。チームに留まることを選択した選手たちの去就が気になるところです。クベカの2021年ワールドツアーランキングは下から2番目だったとはいえ、改めてロードレース界のビジネスモデルの脆弱性が浮き彫りになった感じです」


フルーネウェーヘンがバイクエクスチェンジへ移籍
ツール・ド・ポローニュでのラフプレイにより長期出場停止処分を受けたフルーネウェーヘンが、ユンボとの契約(2年)を破棄してバイクエクスチェンジへの電撃移籍を発表しました。

→CCRコメント
「出場停止処分から復帰してかつての走りを取り戻していた28歳のフルーネウェーヘンですが、ワウトをはじめチームに有能なスプリンターが多数いることから、活躍の場を求めてバイクエクスチェンジへの移籍を決意した模様です。一方、バイクエクスチェンジも頼みのマシューズがなかなか勝てずに"勝てる選手"を探していた感じでしょうか」


ワウトさま今度は雪上シクロクロスで勝利
今季シクロクロス3戦目となったワウト・ファンアールトがどろんこ勝利(スーパープレスティージュ第5戦/エティアスクロス第6戦)に続いて今度は雪上勝利(ワールドカップ第9戦)を飾りました。

→CCRコメント
「シクロクロス御三家(マチュー/ワウト/ピドコック)のうち二人が復帰してからすっかり表彰台の顔ぶれが変わってしまった世界のシクロクロスシーンですが、今回もワウトさんが表彰台に真ん中に立ち、更にピドコックも3位に食い込む走りをみせました。一方、ワールドカップリーダーのイゼルビットは4位となっています。尚、マチューさんのシクロクロス初戦は12/18の予定となっています」

  • Line