しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/11

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2021年11月15日

3分でわかるジロ・デ・イタリア2022

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

先週「ジロ・デ・イタリア2022」のコース詳細が発表されましたので、改めてその全容を確認しつつ、恒例の「3分でわかるジロ・デ・イタリア」をお届けしたいと思います。

それでは早速いってみます!


03.png


02.png


キャッチ:「ヒドイ・ゾ・イタリア(褒め言葉)」

日程:5/6(金)ブダベスト(ハンガリー)スタート 〜 5/29(日)ヴェローナフィニッシュ(24日間)

ステージ数:21ステージ(ハンガリー → 南イタリア → 北西イタリア → 北東イタリア→ 北イタリア)

総距離:3410.3km

総獲得標高:51,000m(ヒドイ→褒め言葉)

平坦ステージ:7

丘陵ステージ:6

山岳ステージ:6(頂上フィニッシュ4/2021年は6)

個人TT:2(2日目9.2km最終日17.1km/2021年は合計38km)

注目ステージ
4ステージ(エトナ山頂F/獲得標高3,590m)

9ステージ(ブロックハウス山頂F/獲得標高4,990m)

16ステージ(モルティローロ→サンタ・クリスティーナ/獲得標高5,440m)

20ステージ(ポルドイ→マルモラーダ山頂F/クイーンステージ/獲得標高4,490m)

21ステージ(最終日17.1km個人TT/丘超え)

要約:完全なる「山岳・デ・イタリア」「過酷・デ・イタリア」「ヒドイ・ゾ・イタリア(褒め言葉)」なジロとなります。個人TTの総距離は60年ぶりの短さ。

現在出場を予定している選手
LÓPEZ Miguel Ángel/Astana
NIBALI Vincenzo/Astana
LANDA Mikel/Bahrain
COLBRELLI Sonny/Bahrain
VALTER Attila/Groupama(地元ハンガリー)
GANNA Filippo/INEOS
VIVIANI Elia/INEOS
CARAPAZ Richard/INEOS
ALMEIDA João/UAE

  • Line