しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/08

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2021年08月29日

ブエルタ2021最新各チーム分析!15ステージ終了時点

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

「第76回 ブエルタ・ア・エスパーニャ」は、第15ステージを終了し、サンタンデールで2回目の休息日を迎えています。

3連覇を狙うログリッチ(ユンボ)は、マイヨロホを一旦エイキング(アンテルマルシェ)に譲り、それほど大きな動きは見せずに、厳しい山岳ステージと個人タイムトライアルが控えている決戦の第3週に向けて虎視眈々とコマを進めている印象です。

ということで、今回も週初時点の各成績と全チームの戦力分析を行っていきたいと思います!

逃げ切りの展開とスプリント勝負が多かった第10〜15ステージのレース結果を振り返っていきたいと思います。


第10ステージ結果
1位 STORER Michael/DSM
2位 VANSEVENANT Mauri/Deceuninck
3位 CHAMPOUSSIN Clément/AG2R
逃げ切りを狙う選手が多かったことからレースはスタートから高速で進み、最終的に31名の巨大な先頭集団が形成されます。そして2級山岳でストーラーがアタックを成功させ、第10ステージに続いてステージ2勝目を飾りました。マイヨロホはアンテルマルシェのエイキングが獲得。一方、最後の上りでサプライズアタックを決めたログリッチが滑りやすい下りで落車してしまいました。


第11ステージ結果
1位 ROGLIČ Primož/Jumbo
2位 MAS Enric/Movistar
3位 LÓPEZ Miguel Ángel/Movistar
お馴染みハエンの街中の激坂フィニッシュとなった第11ステージは、序盤から5名で逃げたコルトが2級山岳で単独で飛び出し、今ブエルタステージ2勝目を狙う熱い走りをみせます。一方、メイン集団は、ユンボやバイクエクスチェンジ、イネオスなどが牽引してハエンの激坂に突入。逃げるコルトをマスがフィニッシュ直前で捉えると、更にログリッチが加速してマスを交わしステージ2勝目を飾りました。


第12ステージ結果
1位 CORT Magnus/EF
2位 BAGIOLI Andrea/Deceuninck
3位 MATTHEWS Michael/BikeExchange
コルドバに向かう第12ステージは猛暑のなかハイスピードでのアタック合戦となって8名が飛び出しますが、2つの2級山岳をこなせる上れるスプリンターのトレンティンとマシューズを勝たせたいUAEとバイクエクスチェンジがメイン集団をコントロールして最後に逃げを吸収。しかし、早めに仕掛けたEFのコルトが良いスプリントみせてを今大会ステージ2勝目を飾りました。


第13ステージ結果
1位 SÉNÉCHAL Florian/Deceuninck
2位 TRENTIN Matteo/UAE
3位 DAINESE Alberto/DSM
獲得標高が1,417mしかない平坦基調の第13ステージは、追い風&横風の影響で途中若干の横風分断があったものの、最後は予想通りに集団スプリント勝負に持ち込まれ、ヤコブセンを勝たせるためにドゥクーニンク勢が先頭に立ちます。しかし、あまりの強力な引きにところどころで中切れが発生。そしてあろうことかヤコブセン自身が遅れてしまい、代わって最終発射台のセネシャルが急遽スプリントを担当し、なんとそのままトップでフィニッシュしグランツール初勝利を飾りました。


第14ステージ結果
1位 BARDET Romain/DSM
2位 HERRADA Jesús/Cofidis
3位 VINE Jay/Alpecin
2週目を締め括る山岳2連戦の初日はここまでのハイスピードの展開の疲れからか比較的あっさりと18名の逃げが決まり、メイン集団がこれを容認して逃げ切りが確定。そして最後の上りで効果的に飛び出したバルデでブエルタ初ステージ優勝を飾り、同時に山岳ジャージも手に入れています。


第15ステージ結果
1位 MAJKA Rafał/UAE
2位 KRUIJSWIJK Steven/Jumbo
3位 HAMILTON Chris/DSM
2回目の休息日前の山岳バトルは、前日とは打って変わって激しい逃げの打ち合いとなり、アタックがなかな決まらないなか残り125kmの峠の途中でマイカがようやく2名で抜け出しに成功します。結局、マイカがそのまま長距離アタックを成功させて逃げ切り、実に4年ぶりとなるブエルタステージ優勝を飾りました。 総合は相変わらず大きな変動無しとなっています。


第15ステージ終了時点個人総合時間順位
1位 EIKING Odd Christian/Intermarché
2位 MARTIN Guillaume/Cofidis 0:54
3位 ROGLIČ Primož/Jumbo 1:36
4位 MAS Enric/Movistar 2:11
5位 LÓPEZ Miguel Ángel/Movistar 3:04
6位 HAIG Jack/Bahrain 3:35
7位 BERNAL Egan/INEOS 4:21
8位 YATES Adam/INEOS 4:34
9位 KUSS Sepp/Jumbo 4:59
10位 GROßSCHARTNER Felix/BORA 5:31


第15ステージ終了時点総合ポイント
1位 JAKOBSEN Fabio/Deceuninck 200p
2位 CORT Magnus/EF 114p
3位 ROGLIČ Primož/Jumbo 108p


第15ステージ終了時点総合山岳
1位 BARDET Romain/DSM 50p
2位 CARUSO Damiano/Bahrain 31p
3位 MAJKA Rafał/UAE 29p


第15ステージ終了時点ヤングライダー
1位 BERNAL Egan/ INEOS
2位 VLASOV Aleksandr/Astana 1:43
3位 MÄDER Gino/Bahrain 2:26


第15ステージ終了時点チーム総合時間順位
1位 INEOS Grenadiers
2位 UAE-Team Emirates 3:40
3位 Bahrain - Victorious 6:48


続きまして、チーム単位での戦力分析(第15ステージ終了時点)を行ってみたいと思います。一言コメント付き。


Team Jumbo-Visma
ROGLIČ Primož ☆☆☆/マイヨロホ
KUSS Sepp ☆
安定の走りをみせるログリッチですが、第10ステージの下りで落車してしまい、相変わらずヒヤッとするシーンが散見されます。一方、チーム体制はより強固になっているので、3週目に向けて準備は整っている印象です。


AG2R Citroën Team
BOUCHARD Geoffrey
CALMEJANE Lilian
CHAMPOUSSIN Clément
ブシャールやシャンプッサンなどが中心となってアタックを繰り返していますがなかなか良い結果には出会えていません。


Alpecin-Fenix
VINE Jay ☆
MODOLO Sacha
PHILIPSEN Jasper/DNS Stage11
BAYER Tobias /DNF Stage12
ステージ2勝を挙げたフィリップセンがリタイヤしたので、他のメンバーに自由が与えらて逃げ勝利にチャレンジしています。なかでもZwiftアカデミー出身のヴァインが強い脚をみせています。


Astana - Premier Tech
VLASOV Aleksandr ☆
IZAGIRRE Ion
RODRÍGUEZ Óscar/DNF Stage7
ARANBURU Alex/DNS Stage11
FRAILE Omar/DNS Stage13
移籍組のウラソフは現在総合11位です。ハードスケジュール組のヨン様のステージ優勝に期待するしかありません。


Bahrain - Victorious
HAIG Jack ☆☆
CARUSO Damiano ☆☆
MÄDER Gino ☆
ARASHIRO Yukiya
総合6位のヘイグと総合12位のマーダーが3週目にどれだけジャンプアップできるかがカギです。一方、山岳ジャージをバルデに奪われてしまったカルーゾの挽回にも期待。我らが新城選手は相変わらず献身的な仕事を続けています。


BORA - hansgrohe
GROßSCHARTNER Felix ☆
LAAS Martin
MEEUS Jordi
SCHACHMANN Maximilian DNS Stage13
グロスチャートナーは総合10位に踏みとどまっていますが厳しい3週目はどうでしょうか。休み明けのスプリントステージをメーウスかラースで獲りたいところ。


Burgos-BH
MADRAZO Ángel
BOL Jetse
とにかく逃げています。ブルゴス!ブルゴス!


Caja Rural - Seguros RGA
ABERASTURI Jon
ブエルタ期間中にトレックへの移籍が発表されたエーススプリンターのアベラストゥーリ。この発表が吉とでるかそれとも...。現在ポイント賞は前週の12位から22位に順位を下げています。


Cofidis, Solutions Crédits
MARTIN Guillaume ☆
HERRADA Jesús
ALLEGAERT Piet
MORIN Emmanuel/DNF Stage7
序盤に総合順位を下げておいて中盤の大逃げに乗って総合順位を上げるスタイルを習得した哲学者マルタンは現在総合2位。他のメンバーも逃げてステージ優勝を狙っています。スプリンターのアレガエルがポイント賞12位につけています。


Deceuninck - Quick Step
JAKOBSEN Fabio ☆☆☆ マイヨプントス
SÉNÉCHAL Florian ☆☆
BAGIOLI Andrea ☆
VANSEVENANT Mauri ☆
ステージ2勝目を挙げているヤコブセンがマイヨプントスを着用中。そんな中最終発射台のセネシャルがサプライズステージ優勝を飾りました。また、若い、バジョーリとファンセヴェナントがそれぞれステージ2位に食い込んでいます。


EF Education - Nippo
CORT Magnus ☆☆
CARTHY Hugh/DNF Stage7
CARR Simon/DNF Stage11
CAICEDO Jonathan Klever/DNS Stage15
カーシーのリタイアにより総合を諦めたEFですがコルトが絶好調で今度は得意のスプリントでステージ2勝目(通算ブエルタ5勝目)を飾っています。


Euskaltel - Euskadi
MATÉ Luis Ángel
連日みな入れ替わり立ち替わりで逃げていますがとりあえず代表でマテさんの名前を挙げております。


Groupama - FDJ
DÉMARE Arnaud
GENIETS Kevin
GUARNIERI Jacopo/DNF Stage9
正直良くないデマールはなぜか山岳ステージで逃げに乗ってステージ15位に入っていました。


INEOS Grenadiers
BERNAL Egan ☆☆ ヤングライダー
YATES Adam ☆☆
CARAPAZ Richard/DNF Stage14
NARVÁEZ Jhonatan/DNF Stage15
五輪チャンピオンのカラパスがレースを去ったものの、ここへ来て徐々にベルナルが調子を挙げてきています。ベルナルが総合7位、アダムが総合8位。


Intermarché - Wanty - Gobert Matériaux
TAARAMÄE Rein ☆☆
EIKING Odd Christian ☆
MEINTJES Louis ☆
MINALI Riccardo
大逃げの展開でマイヨロホを獲得したエイキングがなかなかの走りを披露しています。本来の総合エースであるメインチェスは総合14位。


Isrel Start-Up Nation
VANMARCKE Sep
CATAFORD Alexander/DNS Stage3
WÜRTZ SCHMIDT Mads/DNF Stage7
CIMOLAI Davide/DNF Stage8
残ったメンバーで逃げてチャンスを探しにいっています。


Lotto Soudal
KRON Andreas
VAN GILS Maxim
VANHOUCKE Harm
FRISON Frederik/DNF Stage3
若い選手たちが引き続き逃げてチャレンジしています。


Movistar Team
MAS Enric ☆☆☆
LÓPEZ Miguel Ángel ☆☆
VERONA Carlos
VALVERDE Alejandro/DNF Stage7
JACOBS Johan/DNF Stage9
新エースのマスが良い状態ですが、ログリッチとのタイム差は少し広がってしまい現在35秒差。総合5位のスーパーマンロペスと共に第3週に爆発するでしょうか。


Team BikeExchange
MATTHEWS Michael ☆
千載一遇のチャンスだった第12ステージでマシューズが勝てなかったのは痛かったです。なんとかステージ優勝が欲しいところです。


Team DSM
STORER Michael ☆☆
BARDET Romain ☆☆ マイヨモンターニャ
DAINESE Alberto
来季グルッパマへの移籍が決まっているストーラーがステージ2勝目。髪型がかわい過ぎます。そして山岳賞狙いに切り替えたバルデもステージ優勝を飾って山岳ジャージもしっかりと手にれています。ダイネーゼもスプリントも引き続き伸びています。


Team Qhubeka NextHash
ARU Fabio ☆
JANSE VAN RENSBURG Reinardt/OTL Stage7
このブエルタが引退レースとなるアルはステージ優勝狙いに切り替えています。


Trek - Segafredo
CICCONE Giulio ☆
ELISSONDE Kenny
SIMMONS Quinn
REIJNEN Kiel/DNF Stage15
エースのチッコーネは総合12位まで順位を落としてしまいました。


UAE-Team Emirates
MAJKA Rafał ☆☆
DE LA CRUZ David ☆
TRENTIN Matteo ☆
POLANC Jan
MOLANO Juan Sebastián/DNF Stage9
それぞれがチャンスを狙ってチャレンジしていますがまずはマイカが久々のステージ優勝をゲットしました!デラクルスは総合15位。

  • Line