しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/07

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2021年07月15日

総合表彰台、ポイント賞、山岳賞は接戦!

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

「第108回 ツール・ド・フランス」は、有力選手たちが最も厳しいステージと語っていた第17ステージを終え、各賞の上位選手たちが徐々に絞り込まれつつあります。

それでも、総合表彰台、ポイント賞、山岳賞はまだまだオープンな状況であり、今夜の最終山岳決戦と土曜日の個人タイムトライアルを含む残りの4つのステージ次第では、順位が大きく変動する可能性が残されています。

ということで、改めて接戦状態の各賞の順位を確認してみたいと思います。


個人総合時間順位
1位 POGAČAR Tadej UAE 71:26:27
2位 VINGEGAARD Jonas Jumbo +5:39
3位 CARAPAZ Richard INEOS +5:43
4位 URÁN Rigoberto EF +7:17
5位 O'CONNOR Ben AG2R +7:34
6位 KELDERMAN Wilco BORA +8:06
総合首位のポガチャルが頭2つほど抜け出している感がありますが、総合2位以降(表彰台争い)は接戦状態です。今夜の「超級山頂フィニッシュステージ」と、土曜日の「個人タイムトライアルステージ(平坦31km)」で、分差がひっくり返る可能性はまだ十分にあります。


個人総合ポイント賞
1位 CAVENDISH Mark Deceuninck 287p
2位 MATTHEWS Michael BikeExchange 251p
3位 COLBRELLI Sonny Bahrain 201p
残りのステージで獲得できるポイントは、「中間ポイント=最大60p」「フィニッシュポイント=140P」となっています。36p差で2位につけているマシューズとしては、カヴェンディッシュの「ポイント取り損ね」が必要であり、一方、カヴェンディッシュは平坦ステージでもう1勝するとマイヨヴェール獲得がみえてきます。


個人総合山岳賞
1位 POELS Wout Bahrain 78p
2位 POGAČAR Tadej UAE 67p
3位 QUINTANA Nairo Arkéa 66p
4位 WOODS Michael Israel 66p
5位 VAN AERT Wout Jumbo 64p
残りのステージで獲得できる山岳ポイントは最大「64p」となっています。そのうち今夜の山頂フィニッシュ時に獲得できるポイントが「40p」なので、今日のステージを再びポガチャルが制してしまうと、ポガチャルの2年連続「3冠(総合・山岳・ヤング)」達成が現実的になってきます。


泣いても笑っても残されたステージはあと4つ。

最後まで目が離せない各賞バトルをたっぷりと堪能したいと思います!

  • Line