しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/06

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2021年06月06日

トム・デュムランがレース復帰!

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

ツール・ド・フランス前哨戦のクリテリウム・ドゥ・ドーフィネ(2.UWT)が終了しました。

注目の個人総合時間順位は以下の通りです。


クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2021個人総合時間順位
1位PORTE Richie/INEOS
2位LUTSENKO Alexey/Astana
3位THOMAS Geraint/INEOS
4位KELDERMAN Wilco/BORA
5位HAIG Jack/Bahrain
6位LÓPEZ Miguel Ángel/Movistar
7位IZAGIRRE Ion/Astana
8位O'CONNOR Ben/AG2R
9位GAUDU David/Groupama
10位/GEOGHEGAN HART Tao/INEOS


リッチー・ポートが昨年のツアー・ダウンアンダー以来となる個人総合優勝を飾り、また、ツール・ド・フランスでエースを担当する予定のゲラント・トーマスも総合3位に入り、銀河系軍団(古い表現ですみません)イネオスがベテラン勢の活躍で王者の貫禄をみせる結果となりました。

但し、Gトーマスが最終ステージの下りで落車してしまい、それなりに擦過傷を負ってしまっており、ツール・ド・フランス本番に影響を残さないかが若干心配な状況となっています...。

そして、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネの最終日と同じ日に開幕したのがもう一つのツール前哨戦となるツール・ド・スイス(2.UWT)となります。

こちらに出場している主な有力選手は以下の通りです(ツール出場予定組)。


ALAPHILIPPE Julian/Deceuninck
VAN DER POEL Mathieu/Alpecin
CARAPAZ Richard/INEOS
FUGLSANG Jakob/Astana
WOODS Michael/Israel
MATTHEWS Michael/BikeExchange
HIRSCHI Marc/UAE
BENOOT Tiesj/DSM
URÁN Rigoberto/EF
DENNIS Rohan/INEOS
COSNEFROY Benoît/AG2R


ツール・ド・フランスの総合優勝候補最右翼と呼べる選手の出場はありませんが、それでも多くのトップ選手が参加するのでツールに向けて要チェックのレースです。

そして、そんな豪華な出場選手の中で個人的に最も注目しているのが、トム・デュムラン(オランダ/ユンボ・ヴィスマ)のレース復帰になります。

今年の1月に突然「一定期間活動を休止する」という発表を行い周囲を驚かせたトム・デュムランですが、このまま引退してしまうのかと心配する人も少なくない状況の中で、再びトップレースに復帰することができたのはとても喜ばしいことだと感じています(初日の個人TTは執筆時点で暫定4位のタイム!)。

あまり注目し過ぎるのもよくありませんが、それでも東京五輪出場を目標に再びメダル獲得を目指しているということなので、静かにデュムランの復帰戦を見守りたいと思います。

  • Line