しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/05

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2021年05月25日

ジロ2021最新各チーム分析!16ステージ終了時点

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

「第104回 ジロ・デ・イタリア」は、「ストレーデビアンケ」と「名物峠ゾンコラン」を含む2週目を終え、総合成績の方向性がハッキリとしてきました。

しかし、最終週は山頂フィニッシュステージが3つ残されており、また、最終日は30kmの個人TTなので、まだまだなにが起こるかわからない状況といえます。

ということで、今回も週初時点の成績と各チームの戦力分析を行っていきたいと思います!

・放送予定はこちら(初回放送)
・配信予定はこちら(オンデマンド)

まずは白い道とゾンコランフィニッシュを含む第10〜16ステージのレース結果を振り返っていきたいと思います。


◯第10ステージ結果
1位SAGAN Peter/BORA
2位GAVIRIA Fernando/UAE
3位CIMOLAI Davide/Israel
途中の丘でスプリンターたちを排除する「ボーラ大作戦」を決行され、このペースアップによって多くのスプリンターが遅れてしまい、最後はテクニカルなフィニッシュ前レイアウトでしっかりと先行したサガンがカヴィリアを抑えて今ジロ1勝目を挙げると共に、マリアチクラミーノも獲得しています。


◯第11ステージ結果
1位SCHMID Mauro/Qhubeka
2位COVI Alessandro/UAE
3位VANHOUCKE Harm/Lotto
ワンデークラシックの「ストラーデビアンケ(白い道)」で走るグラベル区間が採用された第11ステージは、イネオス勢とマリアローザを着るベルナルが攻撃を繰り返し、対抗とみられていたエヴェネプールが総合争いから脱落。一方、逃げ切りを決めた先頭集団から更に抜け出したグランツール初出場の21歳シュミッドがマッチスプリントで22歳のコーヴィを抑えてステージ優勝を飾りました。


◯第12ステージ結果
1位VENDRAME Andrea/AG2R
2位HAMILTON Chris/DSM
3位BENNETT George/Jumbo
この日も巨大な16名の先頭集団が逃げ切り、ブシャールの山岳ジャージ獲得をサポートしたAG2Rのヴェンドラーメが最後はハミルトンとのマッチスプリントを制してグランツール初ステージ優勝を飾りました。


◯第13ステージ結果
1位NIZZOLO Giacomo/Qhubeka
2位AFFINI Edoardo/Jumbo
3位SAGAN Peter/BORA
とにかく真っ平らなコースで開催されたスプリントステージは、予想通りにスプリント勝負になり、最終局面でリードアウトから思いがけずロングスパートに入ったアッフィニを最後の最後で差し込んだニッツォーロが嬉しいグランツール初優勝を飾りました。


◯第14ステージ結果
1位FORTUNATO Lorenzo/EOLO
2位TRATNIK Jan/Bahrain
3位COVI Alessandro/UAE
激坂でお馴染みの「ゾンコラン」フィニッシュとなった第14ステージは、11名の逃げグループの中からコンタドール氏とバッソ氏がオーナーのエオロ・コメタの中堅選手フォルトゥナートが最後に抜け出してコンタドール氏も絶叫の嬉しい大金星のステージ優勝を飾りました。総合争いはここまで息を潜めていたSイェーツがアタックを成功させて総合2位に浮上したものの、それ以上にベルナルが強く、マリアローザをより盤石なものにしています。


◯第15ステージ結果
1位CAMPENAERTS Victor/Qhubeka
2位RIESEBEEK Oscar/Alpecin
3位ARNDT Nikias/DSM
逃げ切りと初優勝が続いている今年のジロ・デ・イタリアらしく、この日も15名のグループが序盤に逃げを決めて、その中から飛び出し最後のリースビークとの激しい攻防を制したカンペナールツが嬉しいグランツール初ステージ優勝を飾りました。


◯第16ステージ結果
1位BERNAL Egan/INEOS
2位BARDET Romain/DSM
3位CARUSO Damiano/Bahrain
チーマコッピ(ポルドイ峠)を含む今年のジロ・デ・イタリアのクイーンステージとなるはずでしたが、積雪のためにポルドイ峠を含む2つの峠がキャンセルとなり、難易度が下がると思いきや、悪天候の影響で厳しいレースとなり、その中からベルナルが圧倒的な力をみせてステージ優勝を飾りました。


◯第16ステージ終了時点個人総合時間順位
1位BERNAL Egan
2位CARUSO Damiano 2:24
3位CARTHY Hugh 3:40
4位VLASOV Aleksandr 4:18
5位YATES Simon 4:20
6位CICCONE Giulio 4:31
7位BARDET Romain 5:02
8位MARTÍNEZ Daniel 7:17
9位FOSS Tobias 8:20
10位ALMEIDA João 10:01


◯第16ステージ終了時点ポイント賞
1位SAGAN Peter 135
2位CIMOLAI Davide 113
3位GAVIRIA Fernando 110


◯第16ステージ終了時点山岳賞
1位BOUCHARD Geoffrey 136
2位BERNAL Egan 107
3位MOLLEMA Bauke 53


◯第16ステージ終了時点ヤングライダー賞
1位BERNAL Egan
2位VLASOV Aleksandr 4:18
3位MARTÍNEZ Daniel 7:17


◯第16ステージ終了時点チーム総合時間順位
1位Trek - Segafredo
2位INEOS Grenadiers
3位Team BikeExchange


続きまして、チーム単位での戦力分析(第16ステージ終了時点)を行ってみたいと思います。一言コメント付き。


◯INEOS Grenadiers
BERNAL Egan ☆☆☆ マリアローザ/ヤングライダー賞
GANNA Filippo ☆
MARTÍNEZ Daniel ☆
MOSCON Gianni ☆
SIVAKOV Pavel リタイア6
前半から攻め続けてきたベルナルは疲れをみせるどころか更に強さを増しており、最強のチーム力も含めて今の所を死角がまったくありません。最終週で更にステージ優勝を重ねるかに注目です。


◯AG2R Citroën Team
CHAMPOUSSIN Clément リタイア9
BOUCHARD Geoffrey ☆☆ 山岳賞
VENDRAME Andrea ☆
2019年のブエルタで山岳賞を獲得した山岳職人ブジャールが着々とポイントを重ねているものの、気がつけば最強ベルナルがすぐ後ろに迫ってきています。


◯Alpecin-Fenix
MERLIER Tim リタイア11
DE BONDT Dries
RIESEBEEK Oscar
VERMEERSCH Gianni
VERVAEKE Louiz
メルリエがリタイアとなったものの他のメンバーが逃げてステージ優勝に挑戦中です。第18ステージでは逃げを狙ってくるでしょう。


◯Androni Giocattoli - Sidermec
CEPEDA Jefferson Alexander
PELLAUD Simon
SEPÚLVEDA Eduardo
ひたすら逃げ続けるペローは、中間スプリント賞と敢闘賞は首位を明け渡してしまったものの、逃げ賞はダントツトップに立っています。


◯Astana - Premier Tech
VLASOV Aleksandr ☆
IZAGIRRE Gorka
SÁNCHEZ Luis León
エースのウラソフはジワジワと順位を下げて現在総合4位です。他の選手がステージ優勝を狙う動きをはじめているので3週目は攻めてくる予感が。


◯Bahrain - Victorious
LANDA Mikel リタイア5
ARASHIRO Yukiya
CARUSO Damiano ☆☆
MÄDER Gino リタイア12
ランダ、モホリッチ、マーダーと3名がリタイアとなったものの、新城選手のアシストを受けるベテランのカルーゾがなんと総合2位に浮上です! 調子は上がっている感じなので、最終週をうまくこなせばこのままの位置を十分にキープできるでしょう。


◯Bardiani-CSF-Faizanè
VISCONTI Giovanni
BATTAGLIN Enrico
FIORELLI Filippo
MARENGO Umberto
マレンゴが中間スプリント賞でトップに立ち、他の選手も逃げに乗ってステージ優勝を懸命に狙っています。


◯BORA - hansgrohe
SAGAN Peter ☆☆
ALEOTTI Giovanni
BUCHMANN Emanuel リタイア15
FABBRO Matteo
GROßSCHARTNER Felix
ステージ優勝を飾りマリアチクラミーノを着用するサガンは第18ステージで上位でゴールすれば(もちろんステージ優勝すれば)ジロ初のポイント賞獲得がみえてきます。


◯Cofidis, Solutions Crédits
VIVIANI Elia
LAFAY Victor ☆
ROCHAS Rémy
脚はあるもののまだ勝てていないヴィヴィアーニに残されたステージは18ステージのみとなります。


◯Deceuninck - Quick Step
EVENEPOEL Remco
ALMEIDA João ☆
CAVAGNA Rémi
HONORÉ Mikkel Frølich
MASNADA Fausto リタイア12
注目されていた21歳のエヴェネプールは「まだグランツールを戦う準備ができていない」と発言して総合争いをアルメイダに譲る形となっています。チームとしてはステージを獲りたいところでしょう。


◯EF Education - Nippo
CARTHY Hugh ☆☆
BETTIOL Alberto
CARR Simon
VAN GARDEREN Tejay
やはり後半に調子を上げてくるカーシーが総合3位まで順位を上げてきました。他の選手のコンディションも良いので更に順位を上げてくる可能性があります。


◯EOLO-Kometa
WACKERMANN Luca
ALBANESE Vincenzo
BELLETTI Manuel
FORTUNATO Lorenzo ☆
GAVAZZI Francesco
コンタドールさんも大絶叫のグランツール初出場からのゾンコランステージ優勝を見事に獲得しました!


◯Groupama - FDJ
MOLARD Rudy
REICHENBACH Sébastien リタイア16
VALTER Attila
前半にマリアローザを着たヴァルテルはまだ総合13位につけています。


◯Intermarché - Wanty - Gobert Matériaux
HIRT Jan
HERMANS Quinten
PASQUALON Andrea
TAARAMÄE Rein
VAN DER HOORN Taco ☆
後半に入りヒルトやヘルマンスが調子の良さをみせています。


◯Israel Start-Up Nation
MARTIN Dan ☆
BEVIN Patrick
CIMOLAI Davide
DE MARCHI Alessandro リタイア12
絶好調宣言だったマーティンは総合12位まで順位を下げてしまいました。


◯Team Jumbo-Visma
BENNETT George
DEKKER David
FOSS Tobias
GROENEWEGEN Dylan リタイア14
総合を諦めたベネットはステージ優勝に目標切り替えましたがそもそもコンディションがあまり良くないようです。


◯Lotto Soudal
EWAN Caleb リタイア8
DE GENDT Thomas リタイア16
VANHOUCKE Harm
6名がリタイアとなり残っているのはオルダーニとファンフックの2名のみ。


◯Movistar Team
SOLER Marc リタイア12
CATALDO Dario
JORGENSON Matteo
OLIVEIRA Nelson
PEDRERO Antonio
VILLELLA Davide
エースのソレルがリタイアし、他の選手たちが逃げてステージ優勝を狙っています。


◯Team BikeExchange
YATES Simon ☆
ゾンコランで総合2位に浮上したイェーツでしたが再び総合5位に順位を下げてしまいました。3週目はどうでしょうか。


◯Team DSM
ARNDT Nikias
BARDET Romain ☆
KANTER Max
バルデは総合7位に順位を上げてきています。


◯Team Qhubeka ASSOS
NIZZOLO Giacomo リタイア15
CAMPENAERTS Victor ☆
POZZOVIVO Domenico リタイア7
SCHMID Mauro ☆
大成功のステージ3勝を挙げたクベカ。最終週は楽しんで走りつつスポンサー獲得を願っているはずです。


◯Trek - Segafredo
NIBALI Vincenzo
CICCONE Giulio ☆
MOLLEMA Bauke
MOSCHETTI Matteo
エースを担うチッコーネは総合6位。ニバリやモレマなどのベテラン勢もステージ優勝を目指してアタックを繰り返しています。そしてチーム総合もトップなのでここも意識してきそうです。


◯UAE-Team Emirates
FORMOLO Davide
CONTI Valerio
DOMBROWSKI Joe リタイア6
GAVIRIA Fernando
ULISSI Diego
強い選手が多いのでステージもう1勝が欲しいところ。フォルモロは総合11位。

  • Line