しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/04

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2021年04月01日

UCIレース再始動のためのギヤチェンジ

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

私のメインの仕事のひとつであるUCI(国際自転車競技連合)公認国際自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」の開催準備が本格化しています。

昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で開催中止となってしまったので、2年ぶりの開催に向けた準備となっております。

「ツアー・オブ・ジャパン」の事務局は経験豊富なメンバーが揃っているので、それぞれがかなりの物量をしっかりとこなしてくれるので、私としては大変心強く感じております。

一方で、今大会はコロナ禍以降、国内では初めてのUCIレースとなるため、コロナ関連ガイドラインを遵守するための各種準備や、また、新しいコースを採用する予定(詳細は4月3日土曜日18時から開催するオンライン公式記者発表の場で発表いたします)なので、大会全体の規模は縮小となるものの、レース開催に向けた緊張感やプレッシャーはこれまで以上に大きくなっている感じがしています...。

そして、ここ数週間実感しているのは、この1年間コロナ禍に置かれていた頭のリズムを一刻も早く「ギヤチェンジ」をしなくてはいけないなあ、ということだったりします。

日々の作業量自体はこの1年間もなんだかんだと忙しくしていたので、「忙しい」が「かなり忙しい」に変わっただけだったりします。

しかし、巨大なリアルイベントを開催するとなると、自分の周辺で収まっていた忙しさとは打って変わって、広範囲に渡る進捗状況の確認や、組織やひとのモニタリングなど、完全に「頭のモード」を切り替えなくてはストレスでやられてしまう感じがしています。

なんとなく、選手時代オフ明けに「こんなキツいこと1年間続けていけるかなあ」と思ったあの感じに似ています(結局数レース走ると慣れてキツさが和らいでいきます)。

国内のレースシーンは、すでにJBCF(実業団)やJICF(学連)の公認レースが開催され、また、先日話題の新リーグであるJCLも開幕し、映像配信にかなり力を入れた(国内比較としてはジャパンカップやさいたまクリテリウムなどの中継体制と同等)結果、レースファンから高い評価を受けるなど、それぞれがそれぞれの立ち位置でコロナ禍に於けるレース開催に挑戦しています。

コロナ禍以降、アジアで開催されたUCIレースはタイでの1レースしかなく(各国ナショナル選手権を除く)、我々もUCIレース再始動の狼煙をあげるべく引き続きがんばっていきたいと思います。

  • Line