しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/04

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2021年04月07日

なぜ引退後にロードバイクに乗らなくなるのか

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

ふと疑問に思ったのですが、元選手で引退後も日常的にロードバイクに乗っている人というのはどれくらいいるのでしょうか。

あくまで感覚的な数字ではございますが、恐らく23%くらいな感じがいたします...(すみません、なんの根拠もございません...汗)。

この数字をみて、「えっ、そんなに少ないの?」と感じた方が多いのではないでしょうか。

ということで今回は、「なぜ、元選手が引退後に積極的にはロードバイクに乗らなくなってしまうか」について簡単に考察してみたいと思います。


◯昔みたいに走れないから

この理由はかなり大きなウェイトを占めていると思います。少なくとも私自身がそうです...。かつてはアウターギアにかけて一気にダンシングで駆け上がった丘を、今はインナーギアに落としてもはや峠を上るようにじっくりと上らなくてはなりません。また、得意だったはずの上り坂で後ろからきたイキの良い大学生風のクロスバイクにかわされた日には、Uターンして家に帰りたくなってしまいます...


◯ロードバイクの進化についていけてないから

よくあるパターンですが、20年前に乗っていた最高級ロードバイクを引っ張り出して若者たちと一緒に走り出してみると、すでに廃盤となったオールドパーツに食いつかれて、「◯◯さんの自転車、なんでそんな形してるんですか?」「えっ、マジでもこれでレース走ってたんですか!すげえ〜」などと多くの驚きの声を浴びてしまい、「お、おう、まあな」と、とりあえずスゴイ風にやり過ごすものの、内心ちょっと惨めな気持ちになってしまったりします...


◯乗車時に上から見た自分の生脚にため息が出るから

毛が生えたメリハリのない青白い脚が弱々しくペダルを回している光景に、ある種のショックを受けてしまいます。「ああ、数年でこんなにも変わってしまうんだなあ」と、かつての血管が浮き出たあのキレキレの脚が恋しくなってしまうものです。現役時代に毎日自分の脚をうっとり眺めていた選手ほどこの状態に陥りやすいといえます。


ということで簡単にまとめますと、「よかった時代との落差が大きいから」という理由が大半を占めるような気がいたします。

解決策の一つとして「ロードバイク以外の自転車に乗ってみる」という方法があります。

そうすれば、多少なりとも「比較ができなくなる」ため、自転車に乗る新鮮さを取り戻せる可能性があるかもしれません。

  • Line