しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/03

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2021年03月11日

強くなるために大切なこと

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

昨夜は、フランスとイタリアで「黄色い特急(ユンボ・ビズマ)」がアヴェック優勝を飾りました。

そして、そのユンボ・ヴィズマのエース選手の一人であったトム・デュムランが長期休養を宣言したのは今年の1月でした。

デュムランはこの休養宣言の際に「自転車選手は特急列車に乗っているのと同じで大きなプレッシャーのなか合宿やレースなどが絶え間なく続いていく。各駅停車に乗り途中下車しながらゆっくり考える時間などまったくない」と語っていました。

最近、若い選手やホビーレーサーの間でも、パワーメーターを使用したトレーニングメニューが主流となり、プロ選手たちとはまた違った意味での効率化(燃え尽き症候群のリスクが高まる)が顕著になっています。

そのため、最近わたし自身は「楽しむこと」の重要性をいろいろなところで発信するようになり、壊れるリスクを下げ、「持続可能性」に焦点を当てる意識がより高まっていました。

しかし、先日現場の指導者の方々と話をしていて改めて実感させられたことは、「世界で勝つためには厳しい意識を持って壊れるギリギリのことをやっていかなくてはならない」ということでした。

圧倒的な才能を持った選手であれば楽しみながら活動しても勝利を量産できるかもしれませんが、世界トップクラスの才能が集まった「ワールドツアー」などで勝ち続けるためには、やはり「才能+高次元の努力」が必要となってきます。

ちょっと古めの体育会的な言い回しになってしまいますが、「もっとも苦しんだ者が勝利を掴む」という言葉は、表現の是非はともかくとしてチャンピオンスポーツの普遍的な本質を示していたりもします。

「楽しむべき」という言葉は「壊れるほど追い込んでしまう覚悟ができている」選手にのみ適用される表現であり、残念ながら楽しんでいるだけで世界チャンピオンになれるほど甘い世界ではなかったりもします。

もちろん若年層の選手やホビーレーサーなどであれば楽しむことが前提であるべきですが、一方で「ツール・ド・フランス」や「プロ」を目標にするならば、「楽しむ」や「魅せる」の前に、「人生をかけて追い込む」という覚悟を持って取り組まなければ世界との差は一向に縮まることはないということを胆に命じるべきなのです。

  • Line