しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/01

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2020年01月01日

謹賀新年

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
皆様にとって幸多い年となりますことを祈念いたします。

11.jpg

さて、新年一発目の更新となります。元旦の朝いかがお過ごしでしょうか?私は例年通り大晦日もずっとパソコンの前に座っておりました...。

ということで、今回は昨年からはじめた「2020年自転車界びっくり10大予想(栗村妄想)」を実施したいと思います!それでは早速いきます!


1.エガン・ベルナルがダブルツールを達成

2.フィリップ・ジルベールがモニュメント全制覇を達成

3.マチュー・ファン・デル・プールがCX世界戦、MTB五輪、ロード世界戦(上りのコースだから無理か...)を全制覇

4.東京五輪自転車競技で日本が金メダルを獲得

5.Zwift全日本選手権でリアルプロ選手が勝利を飾る

6.ティボー・ピノがマディオ監督のもとを去る

7.UCIとハンマーシリーズが全面対立へ

8.アスタナのチーム名がヌルスルタンへ変更

9.時代を築いてきたトップ選手の多くが引退を発表

10.J SPORTSサイクルロードレース解説者が成人式を迎える


参考:2019年版は以下の通り(採点付き)
1.チームスカイの新スポンサーにあの世界的有名企業が名乗りを上げチーム予算が更に拡大→◯
2.一方で2018年すべてのグランツールを制したイギリス人選手が2019年はグランツール未勝利→◯
3.フランス人選手が久しぶりにグランツール制覇→×(惜しい)
4.UCIがグランツールの1チームの出場選手数を段階的に6名へ減らすことを正式発表(同時にレース中に於ける無線とパワーメーターの使用も禁止の方向へ)→×
5.ハンマーシリーズが完全独立化へ→△(対立がはじまった)
6.Zwift全日本選手権で現役プロ選手が勝利を飾る→×
7.クイックステップの勝利数が2018年の半分に...→×
8.日本人選手がワールドツアーで初勝利!→×
9.日本にワールドツアーのレースが誕生する→×
10.日本のチームにあの有名プロ選手が加入→×


五輪自国開催年となる2020年は果たしてどんな年になっていくのでしょうか。「スポーツの1年」となるのは間違いないと思いますで、引き続きいろいろな形で盛り上げていこうと思います!

それでは良いお正月をお過ごしください。

  • Line