しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/08

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2019年08月07日

なにも書きたくない日

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

「ブログの定期更新の大変さと重要性」についてたまに触れることがあります。

自分で決めた更新頻度を守ること、ブログ以外にも原稿などの各種期日を守ること。自分には大きな才能はないので、これだけは守るようにしてきました。

それらが「自分自身」と「自分が関わるものすべて」の信用に繋がると感じています。

他を圧倒するような才能があれば、多少約束を守れなくても人は評価を与えてくれるでしょう。

しかし、そうでないなら、やはり「信用」はとても大切な要素になります。

もうかれこれ10年以上定期的なブログ更新を続けてきました。原稿などについても、基本的に期日を守らなかったことはないと思います。

但し、毎日「人間業」をやっていると色々なことが起こります...。

様々な仕事をこなさなければなりませんし、体調が悪い時もあります。

当然、気持ちの浮き沈みだってありますし、ものすごく傷ついたり落ち込むときもあります。

それでも、なるべく周りに映る自分を一定に保ち、粛々と生きていくことが人生(自分)をコントロールするということなのだと感じています。

今日は書くことがなかなか困難な日です...。

ツール・ド・ポローニュで起きた悲しい事故関連の情報がSNSなどで伝わってくる度に、「自転車の素晴らしさを伝えることの無責任さ」を感じて自暴自棄になってしまいます。

日々、自分にできることはやっているつもりですが、それでも全てを改善し解決することなど到底できません。

どうしようもなく無力さを感じる日があります。

しかし、人生とは一方通行であり、前に進むことしかできません。

自分に与えられた環境と出会いに感謝し、たった一度の自分の人生を自分らしく生きていくことが、普遍的な人生の命題なのだと感じます。

  • Line