しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/05

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2019年05月27日

本気で戦うという価値

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

01.jpg

「NTN presents 2019 ツアー・オブ・ジャパン」が終了しました。

最終ステージ東京の集団スプリントを制したのは窪木一茂選手(チームブリヂストンサイクリング)でした。

日本人選手が、初日(岡篤志選手)と最終日を制し、総合トップ10に3人(総合7位:石橋学選手/総合8位:小林海選手/総合10位:増田成幸選手)が入る結果となりました。

富士山ステージを終えた段階で僅差の総合4位につけていた増田選手は残念ながら伊豆ステージでクラッシュに巻き込まれてしまい、15年ぶりとなる日本人選手の総合3位以内は実現されませんでしたが、それでも大会全体を通して出場チームや選手たちの高いモチベーションが伝わってくるレースとなりました。

今年はUCIワールドチームや世界的にネームバリューのある選手たちの出場はなかったものの、上記の様に、出場した選手たちがレースに向けてしっかりと準備を行い、そして、それぞれが高いモチベーションを持ってそれぞれの目標に向かって戦ってくれたことで、毎日とても良い空気のなかでレースが展開されていくのを感じました。

「ツアー・オブ・ジャパン」というレースはとても過酷なレースです。

スプリンターが東京ステージで両手を挙げるためには、毎日厳しいステージを乗り切る必要があります。

クライマーが総合優勝を果たすためには、ミスを犯すことなく様々なステージでトップグループをキープしなくてはなりません。

チーム、選手、ファンがそれらの価値観を共有することで、レースを取り巻く空気が更に洗練されていくのです。

面白いなあと感じるのは、海外から来たコミセールやチーム関係者が「ツアー・オブ・ジャパン」のレース形態をとても評価している点です。

今年も「ステージ構成が絶妙でとてもスリリングなレースが繰り広げられる」といった感想をいただきました。

但し、本当の意味でレースを「本物」にするのは、やはり戦っている選手たちの本気度であることは間違いありません。

これからもチームや選手たちが本気で挑むレースを創っていきたいと思います。

  • Line