しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/04

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2019年04月30日

平成から令和へ

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

02.jpg

「平成」が終わり、「令和」がはじまりました。

改めて、「平成のツールチャンピオン」を軸に、平成を振り返ってみたいと思います。

「平成」がはじまったのは「1989年1月8日」です。

そもそも「元号」というのは日本独自の紀年法なので、「平成」を切り口にして海外のレースを語るのも若干変な話ではありますが、それでも「平成」の30年間は日本のロードレース界が大きく変化した重要な期間でしたので、「平成」のツールチャンピオンを確認しつつ、「平成」という時を振り返ってみたいと思います。

◯平成のツールチャンピオン
2018 THOMAS Geraint
2017 FROOME Chris
2016 FROOME Chris
2015 FROOME Chris
2014 NIBALI Vincenzo(栗村42歳TOJ主催者転職)
2013 FROOME Chris(第1回さいたまクリテリウム開催)
2012 WIGGINS Bradley(アームストロングの1998/8/1以降のタイトル全剥奪)
2011 EVANS Cadel(土井氏がブエルタ初出場)
2010 CONTADOR Alberto* [SCHLECK Andy](栗村38歳ブリッツェン監督就任)
2009 CONTADOR Alberto(別府選手と新城選手がツール初出場)
2008 SASTRE Carlos(宇都宮ブリッツェン発足/栗村36歳シマノコーチ就任)
2007 CONTADOR Alberto
2006 LANDIS Floyd* [PEREIRO Óscar]
2005 ARMSTRONG Lance*
2004 ARMSTRONG Lance*
2003 ARMSTRONG Lance*(我らワールド誕生)
2002 ARMSTRONG Lance*(栗村30歳ミヤタ監督就任)
2001 ARMSTRONG Lance*(栗村29歳現役引退)
2000 ARMSTRONG Lance*(栗村28歳J SPORTS解説者デビュー)
1999 ARMSTRONG Lance*
1998 PANTANI Marco(J SPORTSでツール中継開始/栗村26歳欧州プロチーム入り)
1997 ULLRICH Jan
1996 RIIS Bjarne(今中氏がツール初出場/第1回ツアー・オブ・ジャパン開催)
1995 INDURAIN Miguel
1994 INDURAIN Miguel
1993 INDURAIN Miguel
1992 INDURAIN Miguel(フジテレビでツール中継開始/第1回ジャパンカップ開催)
1991 INDURAIN Miguel
1990 LEMOND Greg(市川氏がジロ初出場/宇都宮と前橋で世界自転車選手権開催)
1989 LEMOND Greg(NHKでツール中継/栗村17歳渡仏)
*ドーピング陽性により優勝剥奪

01.jpg

  • Line