しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/01

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

2019年01月30日

ロードバイクマニアックあるある

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

わかる人にはわかる、但し、殆どの人には伝わらない様な気もする「ロードバイクマニアックあるある」をお届けいたします。

注:かなりマニアックな内容が含まれておりますのでご覧いただく際は自己責任にて宜しくお願いいたします

◯自転車編

・自分の身体に合った「走るためのセッティング」が施されたロードバイクの造形美につい見とれてしまう(特に室内で)

・洗車し終わった後の輝くチェーンとスプロケットを見ていると頭の中でなにかが流れ出ているのがわかる(新品のピカピカとは違う)

・実戦などでフレームやパーツについたキズがとてもカッコよく見える(クルマにキズがつくとただ凹むだけなのになぜかロードバイクのキズはカッコよく感じる。特に洗車後)

・メチャクチャ強い選手が乗る中級コンポーネントで組み上げられたロードバイクが放つオーラ(逆のパターンは...)

・プロのメカニックが組み上げた絶妙なワイヤーの長さが醸し出す曲線美とバランスに惚れ惚れしてしまう(ワイヤー類の取り回しを見れば組み上げた人の腕が大体わかる)

◯身体編

・春先の走り込みの時期に日に日に絞り込まれていく自分の脚のシルエットと血管に見入ってしまう(入浴後にソファーに座って脚に微妙に力を入れてみたりする)

・鏡を見ながらフォームチェックをしつつローラー台に乗っているとふとした瞬間に静止して「アルプスの峠でアタックを仕掛ける自分の姿」を妄想してしまう(当然表情もつくってしまうが絶対に人には見られたくない...)

・そんなに強くはないもののとにかく美しいフォームのプロ選手の写真を見て嫉妬する(あまりカッコよくないエース級の選手ととても美しいアシスト選手なら後者になりたい気がしたりもする)

・夏場など脚が仕上がってくると日常生活でも無意識にショートパンツを履いてしまう(脚を見せたいのだろう)

◯番外編

・移動中のクルマの中から遠くの山の中に激坂を発見すると自然にテンションが上がる(手元で軽くダンシングの動作をしてしまう)

・歩いている時に上り坂のヘアピンコーナーに差し掛かると周囲を確認した上で腕がダンシングの動きになってしまう(絶対に人には見られたくない...)

・街中で脚に毛がなく日焼けして血管が浮き出た人を見るとつい声をかけそうになってしまう(あのすみません、月何キロ乗ってますか?)

ということで、是非皆さんもこの領域まで達してみてください。

  • Line