しゅ~くり~む ら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/10

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会
主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

栗村修の日常 2014年10月20日

ジャパンカップサイクルロードレース

しゅ~くり~むら by 栗村 修
  • Line

01

昨日、アジア最高峰のワンデーレース 『ジャパンカップサイクルロードレース』 が宇都宮森林公園特設周回コースで開催され、最終ラップの古賀志の上りの攻防で12名にまで絞られた先頭集団(この中に日本人選手はゼロ)の中から、最後は9名の選手によるゴールスプリント争いとなり、このレースでの優勝に大きな執念を燃やすネイサン・ハース(ガーミン・シャープ)がロングスプリントを決行してボアッソンハーゲン(チーム・スカイ)を抑え、見事2度目の優勝を飾りました。

宇都宮ブリッツェン勢では、最終ラップの攻防で先頭の12名から僅かに遅れて頂上をクリアーした増田選手が、別府選手(トレックファクトリー)とルバ(ブリヂストン・アンカー)と共に先頭集団を追いましたが、加速するトップグループを捉えることはできず、最後はUCIポイント獲得圏内となる15位でのフィニッシュとなっています(アジア最優秀選手賞は14位でゴールした別府選手が獲得)。

また、1周目から4名で飛び出した阿部選手(宇都宮ブリッツェン)は最初の山岳賞獲得し、チームとしての一つの目標だった表彰台をキッチリと確保しました。

そして、レース後には恒例の 『ファン感謝祭』 がオリオンスクエアにて開催されましたが、なんと!サプライズゲストとしてあの ファビアン・カンチェラーラ が登場!!!

あまりのオーラに我々も圧倒されてしまいました

  • Line