人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2024年7月10日

【速報 ツール・ド・フランス2024】フィリプセンがスプリント勝負を制しツール区間通算7勝目/第10ステージ

サイクルNEWS by J SPORTS 編集部
  • Line
Cycle*2024 ツール・ド・フランス 第10ステージ

5回目のスプリントステージでようやく勝利したフィリプセン

オルレアンからサン=タマン=モンロンまで187.3kmの平坦ステージ、この日もアタックがかからずに逃げが生まれない状態でレースは進む、最初の1時間の平均時速は37.178km/h。集団は和気あいあいとした選手同士のおしゃべりなどの普段見られない姿が長時間映されていた。翌ステージの獲得標高は4350m、距離も211kmと厳しいコースとなるため、プロトン全体が無理をしない日としたようだ。とはいえ、中盤以降の横風危険区域に備えることは怠らない。

中間スプリントポイント手前の残り距離142kmでコーベ・ホーセンス(アンテルマルシェ・ワンティ)、マキシム・ファンヒルス、ハルム・ファンハウケ(ともにロット・デスティニー)の3人が飛び出し13秒のタイム差をつけた。ファンヒルスはすぐに踏みやめたがメイン集団からヴァランタン・マドゥアス、ケヴィン・ゲニエッツ(ともにグルパマ・FDJ)、ファンヒルスが先頭グループを追いかける。

自転車好きコミュニティサイト(無料)のお知らせ

  • 優勝者を予想する「サイクル誰クル?」のほか、メンバー同士が好きなテーマで話せる「トークルーム」、投稿された写真の中から辻啓氏が毎月優秀作品を数点セレクトする「写真部」、飯島誠氏によるオンラインライドイベントを開催する「宅トレ部」などコンテンツが盛りだくさん。

    サイクルビレッジ | J SPORTS【公式】

    優勝者を予想する「サイクル誰クル?」のほか、メンバー同士が好きなテーマで話せる「トークルーム」、投稿された写真の中から辻啓氏が毎月優秀作品を数点セレクトする「写真部」、飯島誠氏によるオンラインライドイベントを開催する「宅トレ部」などコンテンツが盛りだくさん。

メイン集団の中間スプリントポイントはヤスペル・フィリプセンアルペシン・ドゥクーニンク)、ビニヤム・ギルマイ(アンテルマルシェ・ワンティ)、フェルナンド・ガビリアモビスター)の順で通過している。残り距離122kmでホーセンスは吸収されたが敢闘賞を獲得した。

懸念された横風は吹かず、プロトン全体は警戒していたものの恐ろしいことはおこらなかった。各チームが隊列を組んで位置取り争いをしながら市街地を抜け、スプリンター擁するチームが前方へと選手を運ぶ。下り基調の道幅の広い幹線道路を進み、レース開始から4時間の平均時速は42.594km/hまであがり、救済措置適応の4kmを過ぎ、フィニッシュ地のあるサン=タマン=モンロンへ。

アルペシン隊列が先頭でフラムルージュ、ラスト900mから連続するコーナーを3つこなしマチュー・ファンデルプール(アルペシン・ドゥクーニンク)がフィリプセンを連れて加速、放たれたフィリプセンは先頭に出るとそのままフィニッシュ、今大会初勝利、ツール区間通算7勝目。

「最終コーナーがトリッキーなのはわかっていたし上手く対処できた、この2週目のスタートには満足している」フィリプセン、ステージ勝利後インタビュー

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ