人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2024年7月8日

【横浜好き】ベイズターズ、ここ10年のオールスター出場選手数とシーズンの順位の関係を調べてみた

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

7月2日にオールスターゲームのファン投票結果が発表され、ベイスターズからは牧秀悟と山本祐大、筒香嘉智が選出されました。

二塁手部門の牧は60万0085票を集めてファン投票での選出は2回目、通算では3回目の出場。捕手部門の山本は56万2807票で初出場となります。また、筒香嘉智は外野手部門で3位(64万2581票)でしたが、左ろっ骨の疲労骨折で欠場の見通し。また、監督推薦で東克樹、森原康平、宮崎敏郎が選ばれています。

オールスターのファン投票と言えば、人気だけでなく、その年のチームの状況も票数に影響するものですが、ベイスターズの過去のファン投票選出選手数、さらにオールスター出場選手数とシーズンの順位の関係を調べてみました。

J SPORTS STADIUM2024

過去10年(新型コロナ禍で中止となった2020年を除く)で、ベイスターズからファン投票で1人も選出されなかった年が3度あります。

まず昨年、2023年のシーズン順位は3位でした。そして、2021年は6位、2014年は5位となっています。これを見ると下位に低迷した2021、2014年は妥当として、クライマックス・シリーズ(CS)に進出した昨季は例外に見えます。

しかし、昨年は監督推薦で投手3人(東克樹、山崎康晃、今永昇太)、選手間投票で牧秀悟、宮崎敏郎、佐野恵太。さらに出場辞退の補充選手で関根大気、プラスワン投票でバウアーと、8人もの選手が出場しています。

ちなみに2021年は監督推薦で三嶋一輝、山崎、佐野、2014年は監督推薦で井納翔一、三上朋也、選手間投票でT・ブランコが出場しています。

2022年はファン投票での出場は、この年ルーキーだった牧1人のみ。その他でも監督推薦で伊勢大夢、選手間投票で佐野が出場したのみでしたが、シーズンは2位という好成績で終えています。

2019年は抑え投手部門で山崎、外野手部門で筒香嘉智がファン投票で選出。この2人はこの時期のいわゆる『常連』選手でした。監督推薦で今永、神里和毅、選手間投票ではJ・ロペスが出場しており、この年はシーズン2位でCS進出を果たしましたが、ファーストステージで3位阪神に敗れています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ