人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2024年6月20日

【広島好き】交流戦で5度目の勝ち越し。過去4度の勝ち越しシーズンを振り返ってみた

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

マツダスタジアム

昨年までの通算勝率が.419(166勝227敗15分)という『鬼門』の交流戦で7年ぶりの勝ち越しを決めました。

福岡ソフトバンクに3連敗した以外の5球団全てに勝ち越し、10勝8敗で12球団中5位タイの成績でした。2005年のスタート以来、19年間(2020年はコロナ禍のため開催なし)で交流戦勝ち越しは4回しかありませんが、その4年間の活躍選手やその年のシーズン最終順位など、いつものように調べてみました。

交流戦で勝ち越したのは2008、09、16、17年。交流戦は当初、ホームとビジター3試合ずつで行われおり、スタートした2005年からカープは11勝24敗1分で11位でした。24試合制となった07年も5勝18敗1分で12球団最下位と鬼門になりつつある中、ようやく球団初の勝ち越しを記録したのが2008年でした。

◆2008年:広島市民球場最後のシーズン、東出輝裕、栗原健太が大当たり

この年は千葉ロッテと埼玉西武に3勝1敗、北海道日本ハム、東北楽天、オリックスと2勝2敗、ソフトバンクに1勝3敗となっています。投手陣で最も活躍したのがコルビー・ルイスで6試合に先発して5勝1敗、防御率2.51をマーク。リリーフ陣では永川勝浩が10セーブを挙げています。

打撃陣では、東出輝裕が12球団2位の打率.395と大当たり。栗原健太は打率.347、3本塁打、17打点をマークしています。この年は旧広島市民球場最後のシーズンで、球団初のクライマックスシリーズまであと一歩のところまでいきましたが、最終順位は4位に終わっています。

◆2009年:マツダスタジアム元年、ローテ入りした前田健太が活躍

2009年は14勝9敗1分で12球団中3位。オリックス、ロッテ、楽天に3勝1敗、西武と2勝1敗1分、日本ハムと2勝2敗、ソフトバンクは1勝3敗でした。投手陣で先発としてもっとも活躍したのが、この年から先発ローテ入りした前田健太で6試合3勝1敗、防御率は3.38でした。リリーフ陣では永川が9セーブ、中継ぎのマイク・シュルツが14試合に登板し、失点は2試合のみと好投しました。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ