人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年7月14日

古豪を破り激戦区の近畿代表となった強豪5チーム。都市対抗野球チーム紹介(近畿代表)

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

第93回都市対抗野球大会が、7月18日(月)に開幕する。今回は近畿の代表5チームを取り上げる。

第93回 都市対抗野球大会

NTT西日本(8年連続33回目/大阪市)近畿第1代表

◆過去5年間の成績
・2021年:2回戦敗退
・2020年:ベスト8
・2019年:ベスト8
・2018年:1回戦敗退
・2017年:1回戦敗退

無傷の4連勝で近畿第1代表となった。浜崎浩大は長くチームの主戦を任される32歳の右腕で、2次予選は1回戦、決勝の先発を任された。入社3年目の本格派右スリークォーター田村孝之介は2番手の先発として好投。

また、150キロ右腕の大江克哉がリリーフに回って3試合8イニングを自責点0に封じている。加えて近畿予選で有力チームが敗れたことにより、榎本亮(パナソニック)と吉高壯(日本生命)を補強。投手陣の厚みが増している。

打線は4番・藤井健平が2次予選の4試合で打率.571、3打点を記録。強肩、俊足でも知られる左打ちの外野手だ。3番セカンドの平良竜哉も走攻守の揃った右打者で、170センチ・78キロと小柄ながらパワフルな打撃で知られている。2番で起用されている泉口友汰は大阪桐蔭高校、青山学院大学と名門で鍛えられてきた新人。ショートという難しいポジションを任されながら打率.353と結果を出した。

また、打線は4試合で6本塁打を記録している。7番・山田峻士、8番・辻本勇樹が2本塁打を放つなど、下位打線も切れ目がない。過去3大会で2度のベスト8入りを果たしているチームだが、「さらに上」を目指せるメンバー構成だ。

三菱重工West(2年連続38回目/神戸市・高砂市)近畿第2代表

三菱重工West

◆過去5年間の成績
・2021年:2回戦敗退
・2020年:予選敗退
・2019年:3回戦敗退
・2018年:準優勝
・2017年:1回戦敗退

昨年、三菱重工の4チーム(広島、神戸・高砂、名古屋、横浜)がWestとEastに再編され、より強力な構成になった。2次予選は4試合中2試合が1点差で、接戦をものにする勝負強さが光る。

竹田祐(三菱重工West)

森翔平(広島)、八木彬(千葉ロッテ)がプロ入りで抜けたものの、新人投手が穴を埋めた。竹田祐は東京六大学の強豪・明治大学のエース格だった大型右腕で、第2代表決定戦でも勝ち投手となった。球威以上に開きを抑えた出どころの見にくいフォーム、制球力といった実戦的な投球が光る。三菱重工広島から移籍してきた34歳のベテラン右腕・鮫島優樹とともに、先発の2枚看板を担っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ