人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年7月4日

大谷翔平のエンジェルス、史上最多タイ20個の三振を喫する

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

大谷翔平とフィル・ネビン監督代行

エンジェルスは現地7月3日(日本時間4日)、敵地ミニッツメイドパークで行われたアストロズとのシリーズ最終戦で善戦するも、9回裏にサヨナラ弾を許して2-4で敗れ、3連敗のスイープを喫した。二刀流スターの大谷翔平はこの試合に「3番・指名打者」でスタメン出場し、4打数1安打1打点だった。

『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンジャー記者は、この日もエンジェルス打線が三振を山積みしたことから、同日付で「ヘイローズ(エンジェルスの愛称)の三振問題が臨界点に達した」と題した記事を投稿。

MLB中継2022

その冒頭で、「今季、エンジェルスは三振で討ち取られる問題を抱えてきたが、日曜午後のミニッツメイドパークでの4-2のサヨナラ負けで、9イニングの試合におけるメジャーリーグ史上最多タイとなる20個の三振を喫したことで、その問題が頂点に達した」と伝えた。

記事によると、9回に終了した試合での20三振はア・リーグ、ナ・リーグの両リーグを通じて今回が史上8回目であり、2019年4月28日のホワイトソックス戦でタイガースが喫して以来とのこと。また、エンジェルスはスイープを許したこの3連戦でアストロズに対し、合計48三振を喫しており、記事では「これでエンジェルスは今季の三振数をメジャーリーグトップの783としたが、これは2位より34多い」と伝えている。

ボリンジャー記者によると、試合後、エンジェルスのジェレミー・リード打撃コーチは、「今日は上手く行かない1日だった。日数はともかく、我々はここのところ苦しんでいるが、それは努力が足りないからではない」。

「ウチの選手たちは毎日バットで振り込んでいる。彼らは自分たちのすべき事をやり終えてここへ来た。彼らは前向きで、エネルギーを満たしてここへ来たんだ。単に、我々の思うように行かなかっただけだが、選手たちは課題に取り組み、格闘している。ただ、一度にあまりに多くのことがあると、厳しいものだ」と述べた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ