人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年6月28日

【広島好き】5勝1分で勝率5割復帰。週間MVPはエースと4番。『週刊カープいいとこどり』6月21日~26日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line
野球好きコラム 広島好き

広島好きコラム

交流戦の惨敗と苦手ヤクルト相手の3連敗で、5まで膨れ上がった借金を、今季カモにしている阪神、DeNAとの6連戦で一気に完済と、相性というものはつくづく面白いものと思っていたら、週明けに嬉しいビッグサプライズが飛び込んできました。

J SPORTS STADIUM

西武での9年間で1405安打をマークし、2015年にはNPBの歴代最高となるシーズン216安打を記録した稀代のヒットメーカー、秋山翔吾のカープ入団が決定したのです。

古巣の西武、ソフトバンクとの獲得競争を制しての電撃移籍は、あの黒田博樹投手の電撃復帰以来の衝撃とも言えるニュースでした。久しぶりにワクワク、ドキドキが止まらない気持ちですが、秋山に関してのお話はひとまず置いておいて、まずはこの連載の主旨である先週のカープを振り返っておきましょう。

6試合で29得点を叩き出した打線では、週間打率が4割を超えた選手が3人。坂倉将悟の.444を筆頭に、上本崇司(.423)、マクブルーム(.417)と主軸が名を連ねました。

13試合連続安打中の坂倉は6試合中、5試合でマルチ安打。22日には1点勝ち越しされた延長10回に起死回生の同点本塁打を放ち、宇草孔基のサヨナラ弾につなげています。上本は5試合連続マルチ安打を継続中で、内外野を守る守備でも派手なダイビングキャッチなど、攻守で存在感を発揮。マクブルームは今季、対阪神の対戦打率が.410、対DeNAが同.432と、まさに“ラッキーウィーク”で、26日には来日2度目の1試合4安打をマークしました。

その他にも、中村健人が5試合で週間打率.333、野間峻祥が4試合で同.375、菊池涼介も6試合で同.300を記録。中村健は引き分けに終わった23日に延長戦で勝ち越しを阻む“ザ・キャッチ”級の大ファインプレー、菊池涼は瞬時の好判断でオーバーランした三塁走者を送球アウトにした好プレー、26日には野間が抜ければ逆転打となる頭上のライナー性の当たりを好捕するなど、それぞれ守備でも“Play of the Day”級の働きがありました。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ