人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年6月8日

【ハイライト動画あり】ダルビッシュ有、今季最高のピッチングで5勝目

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

ダルビッシュ有、5勝目をマーク

パドレスのダルビッシュ有は現地6月7日(日本時間8日)、今季5勝目を期して本拠地ペトコパークでのメッツ戦に先発登板すると、7回2安打無失点の快投でチームを勝利に導いた。試合は7-0でパドレスが快勝し、メッツとのシリーズを1勝1敗の五分に戻した。

『MLB.com』でパドレスを担当するAJ・カッサベル記者は、同日付でダルビッシュの快投を伝える速報記事を投稿。その冒頭で「確かに、彼の数字は2ヶ月前の散々だった試合により若干膨張しているかもしれないが、ユウ・ダルビッシュはベースボールで最も刺激的な先発投手の1人であり続けている」と前置き。

そして「確実にメッツもそれに異論はないだろう」とした上で、「火曜の夜、ダルビッシュはパドレスが、7-0で楽に勝利したペトコパークの試合で、無失点の7回を投げ、今季最も支配的なパフォーマンスを見せた」と、この日の右腕を評価した。

J SPORTS 放送情報

さらに記事では、この日のダルビッシュが6回途中までノーヒットピッチングだったこと、そして四球を与えずに6奪三振としたことなどを伝え、防御率が3.61に向上したことから、「これ自体、全面的に立派な数字」とした上で、「しかし、これはダルビッシュの全てを伝えていない」とした。

今季11試合に先発し、27ある自責点のうち、1/3にあたる9失点をサンフランシスコでの1試合で喫していることから、「その汚点を除けば、ダルビッシュは防御率2.47、0.88WHIPになる」とした。そして「手短に言えば、ダルビッシュはここ10年間の良い方の投球をしている」とし、「つまり、ダルビッシュは今もまだ、ベースボールで最高の投手の1人であり続けているのである」との言葉で記事を結んだ。

また、地元紙『サンディエゴユニオントリビューン』が電子版に掲載した記事によると、試合後、チームを率いるボブ・メルビン監督は、ダルビッシュが快投したこの試合について、「ユウのような奴がマウンドにいて、序盤に何点か取れば、かなり良い気分になる。特に彼が素晴らしい立ち上がりを見せ、全ての球種を投げ、それをストライクに入れ、誰も歩かさない時はね」と述べたとのこと。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ