人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年12月27日

【広島好き】ゴッホ向井ブルーの「森浦大輔、今年の漢字に『完』を選んだ理由」

野球好きコラム by ゴッホ向井ブルー
  • Line
野球好きコラム 広島好き

広島好きコラム

プロ1年目のシーズンを終えた森浦大輔投手。今年の漢字を聞いてみたところ『完』という答えが返ってきた。理由は「一軍で完走できたから」。

ルーキーイヤーながら開幕一軍を勝ち取るとチーム最多の54試合に登板し、球団新人最多タイの17ホールドを記録するなど存在感を示した。マウンドでの立ち姿は、ランナーがいても落ち着きがあり、その様はルーキーとは思えない貫禄があった。

J SPORTS 放送情報

そんなシーズンを振り返って、一番思い出に残る試合はやはり「プロ初登板のマウンド」だという。

森浦投手のプロデビュー戦は早かった。2021年シーズンの開幕2戦目、7回表に先発の九里亜蓮投手からマウンドを引き継いだ。2者連続でアウトを取れたまでは良かったが、その後四球、死球、四球で二死満塁の大ピンチを作る。しかし、最後はセカンドゴロに打ちとり、なんとかホームベースは踏ませなかった。

たしかに強烈な思い出として忘れなさそうなマウンドだが、実は本人はこのときのことを頭が真っ白になりほとんど覚えていないという。ベンチに戻り、周りから声をかけてもらった「ナイスピッチング」で目を覚ました。

ちなみにこのとき「お疲れ!ナイスピッチング!」と森浦投手に声をかけにいった廣瀬純コーチいわく「手が氷のように冷たかった(笑)」とのこと。

そんな森浦投手の同期入団には、セ・リーグ新人王を獲得した栗林良吏がいた。

「この1年、やっぱり同じ投手でブルペンでも一緒だったので栗林さんといることが多かったです。見ていて勉強になることばかり。練習メニューも頭の中で何の為かというのをしっかりと理解し、意識しながら1つ1つを丁寧にこなしているんです」。

栗林投手をずっと間近で見てきた森浦投手はシーズン中に自分自身も成長できているのを感じられたという。

「栗林さんの投げている姿を見たときに、打者を抑えてやろうという気持ちがすごく伝わってきて、それを自分の投球でも意識して真似してみました。そして以前、何を考えてるのかと質問させてもらったときに『冷静に投げてるよ~、ガツガツいくだけじゃダメ、ピンチのときこそ冷静になって勝負しないと』とアドバイスをもらいました」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ