人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年10月20日

ドジャースが初勝利。ワールドチャンピオンが反撃の狼煙。ナ・リーグ チャンピオンシップシリーズ第3戦

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

1つ返したドジャース

ワールドチャンピオンが反撃の狼煙を上げた。それも、勝利の立役者となったのが、昨季ワールドシリーズ制覇に貢献したスター選手たちだったのだから、今後のシリーズの流れを占う上で、その意味はとてもなく大きい。

現地10月19日(日本時間20日)にドジャースタジアムで行われたナショナル・リーグ優勝決定シリーズ第3戦は、2連敗として本拠地でのシリーズ初戦を迎えたドジャースが、終盤の逆転劇でシリーズ初勝利を挙げた。

2-5で迎えた8回裏、ドジャースはコディ・ベリンジャーの3ラン弾で一気に同点とすると、勢いそのままにムーキー・ベッツの適時二塁打で逆転に成功。9回はケンリー・ジャンセンが三者連続三振で締め、6-5で逃げ切ってシリーズを1勝2敗とした。

ブレーブスとしては、先発のチャーリー・モートンが立ち上がりで躓きながらも、2回以降は立ち直って良い流れを呼び込み、勝ちパターンの継投に持ち込んで勝利を目前にしていただけに、手痛い敗戦となった。

ナ・リーグ チャンピオンシップシリーズ 第4戦

『MLB.com』は試合後にベリンジャーの同点3ランが、如何に驚異的な事実だったかについての記事を掲載し、その中で、「これはドジャース球団史上、ポストシーズンでは、8回以降で試合を引き分けにしたわずか3本目の本塁打であり、これまでは、1988年ナショナル・リーグ優勝決定シリーズ第4戦の9回にマイク・ソーシアが、そして1953年のワールドシリーズ第6戦にカール・フリーロが同様の本塁打を記録していた」とした。

その上で、「思い出して欲しいのだが、我々はこれまでポストシーズンに34回進出し、ワールドシリーズチャンピオンに7度輝いたドジャースについて言っているのである」と、その希少性と重要度の高さを強調した。

シリーズ3連敗の一歩手前から劣勢を跳ね返したドジャースは、前述のベリンジャーとベッツに加え、昨季ワールドシリーズMVPのコリー・シーガーも初回に2ラン弾を放って、ブレーブス・キラー振りを発揮するなど(これでシーガーはポストシーズンにおけるブレーブス戦での本塁打を7本とした)、引き続きロサンゼルスを舞台に行われる第4戦へ向け、弾みをつけることに成功した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ