人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年10月14日

【楽天好き】オコエ瑠偉、「気合いだけでやれる世界じゃない」。ひたむきに野球に取り組む日々

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

今季は後半から出場機会を増やしたオコエ(写真:楽天野球団提供)

2015年にドラフト1位指名されたから、プロ生活はもう6年目。太陽のように眩しいエネルギーを発していた高校生だったのが、5年ほどで見違えるように落ち着いた雰囲気をまとっている。画面越しではあるが、久しぶりにオコエ瑠偉を取材した。

今季は後半からの出場ながら、代走や守備固めのほか、折々でスタメンに名を連ねるなど、一軍で奮闘中だ。昨年から今年前半にかけて、ケガやリハビリのため「ほとんど野球ができなかった」と振り返りながらも、秘めたエネルギーは変わらない様子。話すほどに自身の現在地を冷静に認めながらも、向上心をたぎらせていることがわかった。

J SPORTS STADIUM

◆「これじゃいけない」「やっと学べる土俵に来た」

随分と見違えた印象を伝えると、「いやいや」と照れたような笑顔をみせたオコエ。いわく「やっと学べる土俵に立てたかなってぐらいです」と語る。

もともと守備や走塁は初年度から「即戦力」と評価されていたが、バッティングが課題だった。思えば、プロ入りした初キャンプでは、木製バットに対応することからのスタートだった。

2年目は、右手の痛みを堪えてキャンプインするも、長期離脱するほどの大ケガだったため、療養を経て後半から一軍に合流した。それでも出場は41試合ながら打率3割をマークしている。ところが、その時の成績こそ反省材料と捉えていたという。オコエは述懐する。

J SPORTS 放送情報

「2年目は3割といっても、安打は出ても四球は選べないし、出塁率も低い。チームのためになってない3割。これじゃいけないと思ってた年だったんです。自分の理想は、中長距離で出塁できて、盗塁もできる選手。それで、まずは前に突っ込まない“ステイバック”に取り組み始めました」。

「3年目、4年目もずっと取り組んできたんですけど、2年ぐらいかかって少しずつできるようになってきたかなって感じです。一昨年(2019年)のクライマックス・シリーズでは、千賀さんからホームラン打ったんですけど、これも後で映像を見返すと、突っ込んでないんですよ」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ