人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年9月11日

大谷翔平、リアル二刀流は投打で明暗が分かれる

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

44号も10勝目はならず

エンジェルスの大谷翔平は現地9月10日(日本時間11日)に行われた敵地ミニッツメイドパークでのアストロズ戦に、今季10勝目と44号本塁打を期して2番・投手で先発出場。

打者としては1回の第1打席で今季44号本塁打を放ち、本塁打王争いで再び後続に2打差をつけるも、マウンド上では4回途中6失点と苦しんで今季2敗目を喫し、投打で明暗が分かれる試合内容となった。これで、ベーブ・ルース以来103年振りの同一シーズン2桁勝利&2桁本塁打は次回登板以降へお預けとなった。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

地元紙『オレンジカウンティレジスター』は、同日付で電子版に「ショウヘイ・オオタニの連勝がストップ」と題した記事を掲載し、その冒頭で「ショウヘイ・オオタニの夜は終わり方よりも、断然良い始まり方をした」と前置きした。

その上で、「1回にメジャートップの44号ホームランを放つも、オオタニは4回途中6失点でノックアウトされた」と、この日の二刀流スターの出来を要約した。記事では、投手・大谷の苦闘について、「オオタニはキャリアハイの9安打を許し、奪三振はわずか1つだった」とし、「3回以上投げて複数の三振を奪えなかったのは、これが彼にとってキャリア初のことだった」と伝えた。

一方、『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンガー記者は、同日付で「オオタニがロケット弾の44号を放つも、珍しく不安定な先発登板」と題した記事を投稿。

こちらも冒頭で、この日の二刀流スターのパフォーマンスについて、「二刀流センセーションのショウヘイ・オオタニにとって、打席では良い夜だったが、マウンド上ではそうはならなかった」と要約した。

また、弾丸ライナーで瞬く間に右翼スタンドへ消えた44号弾について、「完璧に捉えたオオタニの一打の打球初速は114.7マイル(約184.6キロ)で、推定飛距離は368フィート(約112.2メートル)だった」と振り返りつつ、「2015年のスタットキャスト導入以降、これは投手による4番目に打球初速の速いホームランであり、トップ5は全てオオタニが占めている」と伝えた。

記事では投手・大谷について、「7月以降、8試合に先発登板し、6勝無敗、防御率2.25と好調の波に乗っていたオオタニだったが、マウンド上ではいつになく悪戦苦闘した」とし、「それは単打2本を許しながらもピンチを脱した初回から見て取れた」と伝えている。

悲喜こもごもとは、正にこのことだろう。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ