人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年7月2日

菊池雄星、指揮官と地元紙が「オールスター選出に値する」と指摘

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

マリナーズの菊池雄星は現地7月1日(日本時間2日)、敵地でのブルージェイズ戦で先発登板し、7回5安打1失点1四球6奪三振の快投で今季6勝目を挙げた。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

『MLB.com』は同日付で掲載した試合の速報記事の中で、この日の左腕について、「支配的な7イニング」と表現し、さらに「マリナーズは球団でベストの投手たちによる活躍が、最近の好調を後押ししており、特に、キクチがどれだけ支配的になったかが大きい」と、先発ローテーションの核として、高い確率でクオリティスタートを達成する菊池を評価した。

なお、記事によると試合後、マリナーズを率いるスコット・サービス監督は、「私は試合前に、(キクチは)オールスターゲームで投げるに値すると考えていると述べたが、今日、彼はそれを裏付けたね」と述べたとのこと。

6勝目をマーク

サービス監督同様、地元紙『シアトルタイムズ』も、同日付で電子版に「ユウセイ・キクチによる2021年のスタッツは完全に目が飛び出るほど驚くべきものではないものの、彼はオールスター選出の考慮に値する」と題した記事を掲載し、菊池のオールスター出場の妥当性を主張している。

記事では今季の左腕の成績について、「15試合に先発し、93回1/3を投げ、6勝3敗、防御率3.18、93奪三振31四球とし、対戦打者の成績を打率.195/出塁率.265/長打率.353としているキクチの全体的な数字は目が飛び出るほど驚くべきものではない」と前置き。

そして、「規定に達したアメリカン・リーグの先発投手のなかで、キクチの防御率3.18は6位にランクインしており、対戦打者の打率.165は2位の成績となっている」点を指摘し、さらに「しかし、これらのスタッツでは、チームにとってのキクチの重要性を測定することはできない」とした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ