人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年5月31日

菊池雄星、安定感を増すピッチングで今季3勝目

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

マリナーズの菊池雄星は現地5月30日(日本時間31日)、本拠地・Tモバイルパークでのレンジャーズに先発登板し、7回途中3安打2失点5奪三振と好投し、今季3勝目をマークした。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

地元紙『シアトルタイムズ』は、同日付で電子版に掲載した記事の中で、この日の左腕について、「ユウセイ・キクチが、シアトルに見事な登板をもたらした」と評価した上で、5回までノーヒットピッチングを披露し、6連続クオリティスタートとなる6回2/3で3安打2失点5奪三振を伝えたあと、「今季の勝敗を3勝3敗に改善させた」と振り返った。

3勝目をあげた菊池

さらに記事では、菊池について「キクチは第1球から支配的で、強さが増したパフォーマンスを披露」と称賛した上で、速球が99マイル(159キロ)に達し、動きの鋭いカットボールは平均92マイル(148キロ)ほどに達したことで、「レンジャーズの打者を切り裂いた」と、その投球の内容について伝えた。

また、104球を投げ、ネイト・ロウを四球で歩かせたところで降板となった場面について、記事では「11,198人の観客からスタンディングオベーションを浴びた」と報じた。

記事によると、好投した菊池についてチームを率いるスコット・サービス監督は、「彼のインテンシティのレベルや、競争心のレベルは、我々がこれまで見てきた通り素晴らしかったと思う。今日の投球への没入具合は、恐らく今までで一番良かったのではないかと思う」。

「プレス席で聞こえたかどうか私には分からないが、フィールドにいる我々には聞こえたんだ。彼は喉を鳴らすように声を上げていた。彼はあれをやると、考えるのを止め、ボールは彼の手から飛び出して行くんだ。あれはシビれるね」と述べたとのこと。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ