人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年5月26日

【横浜好き】交流戦を前に「週刊ベイスターズいいとこどり」5月18日~23日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

左から桑原、宮崎、佐野

交流戦前、最後の週を1勝3敗で終えた先週のベイスターズ。20日の試合前には、昨季限りで引退した石川雄洋氏の引退セレモニーが行われる予定だったが、雨天中止で延期となった。

なかなか明るい話題に恵まれないまま、強いパ・リーグを迎え撃つことになってしまいましたが、今週もまたいいところを探していきましょう。

2試合が雨天中止となった横浜スタジアムで、唯一行われた18日の中日戦は、試合前のDeNA球団10周年を記念するセレモニーに、OBの高崎健太郎氏と黒羽根利規氏のバッテリーが登場。懐かしいデザインのビジターユニフォームでセレモニアルピッチを行った。

さらに横浜市出身で、元NEWSの手越祐也氏が始球式のマウンドに立った。試合の方は投打とも振るわず、序盤から一方的な展開となったが、途中出場の伊藤光がこの日唯一の得点となる今季1号本塁打。桑原将志佐野恵太もマルチ安打を記録した。

投手陣は6回から登板した平田慎吾三上朋也が1イニングずつ、砂田毅樹が2イニングを無失点。8回の守備では、ビシエドの三塁線への鋭い当たりを宮崎敏郎が見事なダイビングキャッチと素早いスローイングで投手を救った。

神宮でのヤクルト3連戦では、初戦に2引き分けを挟んだ5連敗をストップし、2週間ぶりとなる勝利をものにした。打のヒーローは大和で、同点の9回にヤクルトのクローザー・石山泰稚からセンターの頭を越える決勝の2点タイムリー二塁打を放った。

3安打猛打賞の宮崎は、第1打席から安打、本塁打、二塁打と大当たり。三塁打が出ればサイクルヒットの第4打席は内野フライで記録達成はならなかった。他にもオースティンが2打席連続で二塁打を放って打点1。牧秀悟は先制点となるタイムリーを放った。

投手陣は先発のロメロが4回途中で満塁のピンチを残して降板したが、後を継いだ三上が山田哲人、砂田毅樹が村上宗隆を抑えた。さらに石田健大エスコバーも無失点で終盤につないだ。勝ち越した9回裏は三嶋一輝がクリーンアップを三者凡退で締めくくり、今季6セーブ目をマークした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ