人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年5月6日

【横浜好き】今季初の週間勝ち越し。「週刊ベイスターズいいとこどり」4月27日~5月2日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

左から桑原、佐野、倉本

明けない夜は無い。止まない雨も無い。今シーズン初の2カード連続勝ち越しで、初の週間勝ち越しとなった4月最終週。書くべきことが多過ぎるのではないかと心配になる『週刊ベイスターズいいとこどり』。今回もいきましょう。

マツダスタジアムでの広島との3連戦の初戦は、大差での完敗。通常ならば「投打ともいいところなし」で済ませてしまうところだが、このコラムは違います。

わずか3安打に終わった打線で、唯一の得点となったのが4番・佐野恵太の左中間への今季2号となる本塁打。得点には結び付かなかったが、宮崎敏郎もマルチ安打を記録した。投手では、高卒4年目の中川虎大が今季初登板。3番手で登板し、2イニングを投げて4奪三振のパーフェクト投球を披露した。

雨で8回終了コールドゲームとなった第2戦は、18安打13得点と打線が爆発。本塁打を含む3安打2打点のオースティンを筆頭に、2安打2打点で決勝打を記録した嶺井博希、終盤の2打席連続タイムリーで4打点の牧秀吾、2安打3打点の宮崎、今季1号本塁打を含む2安打の桑原将志、2安打2打点のソトに2安打の佐野と、先発野手7人がマルチ安打を記録した。

投げては5回の1死1、3塁のピンチで登板して會澤翼を併殺打に打ち取った平田慎吾が今季初勝利。3番手で1イニングを抑えたシャッケルフォードが来日初ホールドを記録し、エスコバー山崎康晃も無失点に抑えた。

今季、2度目となるカード勝ち越しを決めた第3戦は、開幕投手で12球団唯一、勝ち星のなかった濱口遥大が7回途中3失点で待望の今季初勝利。後を継いだエスコバー、山崎、三嶋一輝が広島の反撃ムードを完璧に断ち切った。攻撃陣ではオースティンとソトが今季初のアベック本塁打を記録し、佐野もタイムリー安打と、打つべき人が打っての快勝となった。

地元に戻ってのヤクルト3連戦。初戦は先発した坂本裕哉が打球を受けて2回途中で降板するアクシデントがあり、継投策となったが、石田健大が2イニング、砂田毅樹が1イニング、平田慎吾が2イニングを無失点に抑えた。攻撃陣では、2番で起用された大和が2安打。3回に代打で登場した山下幸輝が今季初安打となる二塁打を放った。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ