人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年3月24日

菊池雄星、サイ・ヤング賞予想のダークホースに選出される

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

昨季のMLBでは、ダルビッシュ有と前田健太がエースとして出色のパフォーマンスを見せ、シーズン終了後のサイ・ヤング賞投票で、揃ってそれぞれのリーグで2位に入ったのは記憶に新しいところ。

今季は日本人選手初のサイ・ヤング賞受賞へ、この2人に大きな期待が寄せられるであろうし、ひとたびレギュラーシーズンが開幕すれば、この2人が登板する試合をテレビ桟敷で観戦する際は、今季こそはサイ・ヤング賞と、応援に力が入ることになりそうである。

実際、『MLB.com』が発表した今季の最優秀防御率予想(前田とダルビッシュ)や、最多奪三振予想(ダルビッシュ)には、この2人が名を連ねており、現地でも両右腕に対する今季の期待値は高い。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

昨季の出来を考えれば、これは当然とも言える、かなり手堅い予想なのだが、さらに同サイトはここへ来て、「この10人のサイ・ヤング賞候補に関する即断を避けるな」と題した、今季のサイ・ヤング賞予想に関する記事を掲載し、その1人として別の日本人選手を候補に挙げているのである。

まず記事では、昨季サイ・ヤング賞を獲得したシェーン・ビーバーとトレバー・バウアーについて、「両者とも既に高く評価されている投手だが、昨季は両者ともそれぞれのリーグにおける同賞の本命ではなかった」とした。その上で、「ダークホース」として、各リーグから5人ずつ選出する形で10人をピックアップ。

3年目の飛躍が期待される

そして、アメリカン・リーグからサイ・ヤング賞予想のダークホースとして、トリストン・マッケンジー、ヘスス・ルザルド、ディラン・シース、そしてザック・プリーサックと並び、菊池雄星が選ばれたのである。

ここ2シーズンの成績を振り返ると、失礼ながら意外なチョイスと思ってしまうが、記事では昨季9試合に先発して、防御率5.17だった菊池について、「キクチは2年目に、目に見えないところで大きな進歩を遂げた」とした。

「彼はフォーシームに球速と縦の変化を加え、この球種での空振り率をほぼ倍増させた一方、レパートリーに効果的なカットボールを加え、改良したスライダーの空振り率を劇的に上昇させた」と評価。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ