人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年10月26日

ジャッキー・ロビンソン以来、65年ぶりの単独本盗成功ならず、ドジャースが王手。ワールドシリーズ第5戦

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

ドジャースが王手

現地25日(日本時間26日)に開催されたワールドシリーズ第5戦は、ドジャースが4-2で勝利し、シリーズ通算3勝2敗として1988年以来のワールドシリーズ制覇に王手をかけた。

LAD|2 1 0 0 1 0 0 0 0|4
TBR|0 0 2 0 0 0 0 0 0|2

ドジャースはシリーズ2試合目の先発登板となったクレイトン・カーショーが5回2/3を2失点と好投すると、その後を引き継いだブルペンもレイズ打線を零封する好パフォーマンスを見せてエースの好投に応えた。

この日、6奪三振で今シリーズ2勝目を挙げたカーショーは、ポストシーズンの通算奪三振数を207とし、ジャスティン・バーランダーの記録を抜いてMLB史上最多記録を更新した。

試合の潮目となったのは、2−3で1点を追うレイズが無死3塁とチャンスを作った4回に、マヌエル・マルゴーの試みたホームスチールをカーショーが阻止した場面だった。

J SPORTS 放送情報

かなり際どいクロスプレーながら、レイズはリプレーのリクエストをせず、このプレーで流れを切らしたタンパベイは、結局その後得点を挙げることができずに、ナ・リーグ王者にシリーズ王手を許すこととなった。

『MLB.com』は同日付で掲載した記事でこの場面について、この試合をホーム扱いでプレーしていたレイズが、仮に観客動員を制限した中立地のグローブライフフィールドではなく、実際の本拠地で観客をフルに動員してプレーしていたならと振り返った。

そうであれば、大歓声によりドジャース一塁のマックス・マンシーの注意を促す掛け声が聞き取れず、カーショーがマルゴーの動きに気付くのが遅れて、本盗が成功していた可能性があったと分析している。

ちなみに同記事によると、盗塁を敢行したマルゴーは、「あれは自分の判断だった。100%自分の判断。あの時は良いアイディアだと思ったんだ」と述べたとのこと。

また、この場面で打席に立っていたチームメイトのケビン・キーアマイヤーは、「僕はちょっと驚いたよ。あれは勇敢な行動であり、あの時は上手く行かなかったけれど、マニーは素晴らしい走者だからね。彼はリスクを冒すことに物怖じしないんだ」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ