人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年10月19日

レイズがドジャースに勝って、ワールドシリーズを制覇する7つの理由

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

両リーグの最高勝率が激突

今季のMLBはレイズとドジャースが、現地20日(日本時間21日)から始まるワールドシリーズで覇権を争うことが決まった。今後は、これから現地月曜にかけて、『MLB.com』を始めとする多くの現地メディアによる様々なプレビュー記事がネット上、あるいは紙面を賑わすことになるだろう。

そんな中、『MLB.com』のリチャード・ジャスティス記者は、ナショナル・リーグの王者が決まる前の時点で、早くもワールドシリーズはレイズ有利という見解を打ち出した。同記者は現地17日付で「レイズがワールドシリーズを制覇する7つの理由」と題した記事を投稿している。

その冒頭で、「レイズはこのポストシーズン、チームとして打率.200程度しか打っておらず、1試合平均で4点強しか取っていない」と前置きしつつ、「彼らはプレーオフに入り、2-1で2回、さらに3-1と4-2のスコアで勝利を挙げている」と接戦をものにする勝負強さを指摘。

「レイズは自分たちのことを良く理解し、何をどうすべきかを理解している」とレイズの長所を挙げた。そして、レイズがワールドチャンピオンに輝く7つの根拠の筆頭に、「先発投手陣が休息十分で充実している」点を挙げた、

「レイズの強みの1つは、ブレイク・スネル、チャーリー・モートン、タイラー・グラスナウ、そしてライアン・ヤーブローという、4人の伝統的なスタイルの先発投手が揃っている点であり、この4人が深いイニングまで投げることで、素晴らしいブルペンをさらに良くしている」とした。

J SPORTS 放送情報

同記者が2つ目の理由として挙げた点は、まさにその「素晴らしいブルペン」である。ジャスティス記者はレイズのブルペンを「MLB最高にして最も層の厚いブルペン」と形容した上で、レギュラーシーズン中に、ブルペンから12人の投手がセーブを記録し、ポストシーズン中に13人目のリリーバーであるピーター・フェアバンクスも2セーブを記録している。

このことから、「ケビン・キャッシュ監督は、接戦で実質的にリリーバー全員を信頼している」と、監督が継投の際に信頼できる手札の多さを指摘した。実際、第7戦までもつれながらも勝ち切ったアメリカン・リーグ優勝決定シリーズで、継投策が裏目に出たのは、第6戦でスネルからディエゴ・カスティーヨに投手交代した際に4失点したあの場面のみだった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ